ハーメルン
ノイラーテムの活動報告
無人島などの逆境生徒会活動。悪役令嬢・乙女ゲーネタ。
2020年09月17日(木) 01:05

 悪役令嬢や乙女ゲーで、普通なら政略結婚とかあって遠慮しそうな婚約破棄。
どうしてやってしまうのかを、妥当な形で調整するネタを考えてみます。


 簡単に言うと無人島に漂流するなど、極限環境下で本性が見え隠れする。
あるいは迂闊な発言を警戒したりしてたはずなのに、みんな遠慮できなくなる。
その結果、悪役令嬢は暴言を吐いたり自分のためにしか見えない行動をとってしまい孤立。
助け出されれたあとも、その孤立が響いて自滅し、最終的に婚約破棄。

この手の話はファンタジー世界でもあることが多いので(SFでも良いけど)
遠隔地のダンジョンを攻略する演習に出掛けて、途中で事故るのはおかしくない。
もちろん対策をしているはずだけど、権力闘争も絡むので、その対策を壊されるとか説得力が増す。
また王子様に探知魔法が掛かっているのは間違いがないので、救助が来ることは容易に想像可能。


 ここで流れをどうするかが問題。
乙女ゲーなら主人公が友達となんとかしつつ、『活躍と同時』に王子様とかを攻略するだろうし
悪役令嬢物ならば、逆に令嬢が指示を出して『全員の危機を乗り切る』パターン。
どちらでも組めるし、ヒロインには聖魔法での治癒、令嬢には指揮を執ってもおかしくない身分がある。

また、この流れを乗り切った後で、新しい問題につなげる事が可能。
例えば令嬢が指揮して皆を無事に帰還させても、不利益を被った者が恨んで訴えるのは当然。
また権力闘争の一環で、周囲の大人が訴えるのも当然。
転生者がなんとかしても、そのまま婚約破棄まで話を進めることができる。

逆にヒロインの場合は平民出身の胡散臭い立場なので、活躍するためにワザと事故を起こしたとか
言いがかりは幾らでも付けられるし、事故によって無駄な時間が増え、単位とか試練ガギリギリになる。


 昨日考えた悪役令嬢が肉食で、婚約解消しつつこの話を乗り切る場合。
ヒロインの聖魔法の治癒を上げて、王子様の確保と本体での効率の良い治癒を提案。
自分はノブリス・オブリージュだといって先遣隊に参加とかできる。
そこから訴えられる流れに気が付かなくても良いし、婚約解消のために責任を負っても良い。

「王子様にマーカーがある」
「身分的にもマーカーの問題的にも、王子様を本隊に残す」
「ヒロインの聖魔法で王子様及び、怪我して戻ったチームをヒール」
「ヒロインの派閥には本隊を守らせつつ、生きるのに必要な水や薪を確保させる」
「その間に自分は貴族の務めを果たしつつ、仲良くなりたい相手とダンジョンに潜る」

という感じかな?
思い付きなので、まあこんなところで。
9.前へ 1.次へ
◆記事一覧へ

2コメント
▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]ノイラーテムのページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析