ハーメルン
W.C.の活動報告
魔眼スバルの可能性(ネタ)
2021年09月16日(木) 00:43

正統派


・四章以降、魔眼が強くなってきて負担になってくるが、ベアトリスが契約を辿って陰魔法で負担を軽減してくれる。


・エミリアとベアトリスがスバルの自称誕生日にプレゼントとして一緒に開発した眼鏡型のミーティアをくれる。普段は必要ないが、スバルが気に入ってるので、以降スバルはしばしば眼鏡男子になる。ちなみに性能としてはベアトリスの軽減の50%ぐらいだが、おまじないが掛けられてると思うとそれだけですごく効いてくる気がしてる。プラシーボ効果。

(読 み た い)


・魔眼が真っ当な戦力になりはじめる。シキみたいに敵や現象に近づいて線を切る! 点を突く! とか到底不可能だったが、誰かが敵の動きを止めてくれたりしてくれたら、自身の陰魔法で若干細工が成功する? かもしれない?


・体を壊して寝込むレベルなので奥の手中の奥の手だが、ベアトリスの陰魔法と合わせることで、原典に近い「射殺す」魔眼を再現できる。もちろん死が理解できる範囲内という制約はつく。

(合 体 技 ロ マ ン)


・魔眼を真っ当な戦力として運用するため、ロズワール邸の教師陣による鬼のような勉強会が始まる。手先が器用なスバルはモノの構造などの勉強は割と楽しかったらしいが、比べて魔法の勉強が地獄だったらしい。

(読 ま せ ろ)





書きたいIFルート


・死に戻りしすぎて魔眼は冒涜的な進化を遂げる。使用者のスバルが弱いままなので、魔眼がわかりやすいチートになるわけではないが、このトリッキーさと不気味さは他のスバルには無い。




IFルートは書けたらいいな。
本編は……うーん。第一章もまだ終わってないし、書ける可能性はほぼ無いですね。
でもこんな正統派も最高。読んでみたいよこんなスバルが!
9.前へ
◆記事一覧へ

2コメント
▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]W.C.のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析