ハーメルン
猿猴捉月の活動報告
八紘一宇の皇(オリジナルサーヴァント)
2021年09月18日(土) 18:57

●葦原中津国のアーチャー
真名:神武天皇
性別:女体
身長:160cm
体重:53kg
出典:日本神話
地域:日本
属性:秩序・善
ステータス
・筋力:B
・耐久:B
・敏捷:B+
・魔力:A++
・幸運:C
・宝具:B

●スキル
・対魔力:A(D)
魔術に対する守り。
宝具『布都御霊剣(フツノミタマノツルギ)』の加護により、事実上、現代の魔術ではアーチャーを傷付けられない。

・単独行動(丹塗矢):EX
神丹の如き朱色に塗られた矢を生み出す。神武天皇妃・媛蹈鞴五十鈴媛(ヒメタタライスズヒメ)の誕生譚にも関わりがある丹塗矢伝説に由来する。
丹塗矢とは、異類婚姻譚に登場する男神の化身または変生した姿とされるアイテムであり、見初めた女性がこの神矢を持ち帰る事で、互いに男女の夜の役割を果たす、というのが物語の類型。その伝承で生誕に至ったヒメタタライスズヒメを皇后に迎えた神武天皇もまた、この丹塗矢を扱う権能を保有する。
…………のだが、神性のランクダウンに伴って権能は呪術に型落ちし、“自身の肉体を代償にして”扱わなくてはならなくなった。何を代償に丹塗矢を作成したかは察して欲しい。
問題はこの丹塗矢、あろうことか────、

無 く し た

のである。朱塗りの某にピンと来たら神武天皇まで!

・単独顕現:B
ドリフト能力。
基本的にはビーストに備わる超抜スキルだが、日本という王朝が続く現在、神武天皇も存在濃度が薄れない為、特別に備わっている。
他の『単独顕現』とは違い、日本国内でのみ有効。

・啓示:A→八咫烏の導:A+
“天からの声”を聞き、最適な行動をとる。魂が持つスキル。
『直感』は戦闘における第六感だが、啓示は目標の達成に関する事象全て(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。
天照大御神の御先・八咫烏の導きで、中津国平定を成し遂げた。…………が、現在は何故か八咫烏が行方不明。

・神秘殺し:B
神秘に対する特攻を示すスキル。
土蜘蛛を打倒し、五体を別々の場所に埋葬して伝承上は決着とするが、後世でも土蜘蛛は国内のあらゆる伝承に度々登場し、未だ本当の決着はついていない。

・神國のカリスマ:A+
国内限定のカリスマ。神道における最高神・天照大御神によって統治を任じられた天の御遣い。
“天皇”と呼ばれ始めたのは更に時代が下った後の事だが、最初の天皇としてのカリスマは如何なる時代の人物にも影響を与える。
日本国内の鬼や妖怪などの“まつろわぬ者”も例外ではなく、霊基において格上の魔性でさえも萎縮させる。

・天皇大権:EX
天皇の持つものとして改名された『非常大権』。
テクスチャ上の日本において天皇陛下に不可能は存在せず、天皇陛下が認めれば、その者は“日本人”として概念賦与される。
『宝具ではない! 民だ!』

・神性:C(A+)
神霊適正。
天照大御神を祖に持つ天皇で、海竜神ワダツミの系譜にも当たる天孫。
『天皇は日本の象徴たる人間』という現代の風潮に従い、自らランクダウンさせている。神代回帰が停止している為、豊穣を表す桜色の髪は黒く変色し、竜種の因子を徴す竜角は黒髪に隠れてしまっている。

●宝具
「神剣・布都御霊剣(しんけん・フツノミタマノツルギ)」
・ランク:A+(武装としてはB)
・種別:対人宝具
・レンジ:1~50
・最大捕捉:1人
堰水の剣神・天尾羽張神の息子タケミカヅチの神造兵装。
雷纏う刀剣。タケミカヅチ神から高倉下を通じてもたらされた神剣で、この剣自体にも神格が存在する。東征時、神武天皇全軍を戦意喪失させた熊襲族の急襲を退けた剣の神器。アーチャークラスでは十全な威力を発揮できないが、本人は必要以上に強い必要は無いと気にする様子は無い。
本人曰く、『セイバークラスならもう少し強い』との事で、本来は世界の断層たる雷の大斬撃から“世界の裏側”への扉を拓き、天迦久神の神性を宿した大鹿の雷火を顕現させる神霊レベルの粛清攻撃とされる。


「高天日光八咫金鵄翔矢(たかまがはらやたのかなとみかけるや)」
・ランク:B+(EXから低下)
・種別:対軍宝具(本来は対時代宝具)
・レンジ:2~40(本来は1~1000)
・最大捕捉:500人
天孫の証である神宝中の神宝『天羽々矢(アメノハバヤ)』を天空に向けて放つ、高天原への召喚要請。金山彦神の神使(かみつかわし)にして岳母の父・賀茂建角身命の化身でもある霊鳥『天金鵄(アメノカナトミ)』を召喚する。同一存在である八咫烏は何故か来ないが、宝具のランクには支障無し。
三種の神器や十種の神宝の原型の一つとされ、本来は死者蘇生の神秘を宿す超抜級の宝具だが、サーヴァントの霊基では其処までの神秘は宿していない。
皇弓の弭に止まる金鵄が天照大御神の日光を体現し、豊穣のテクスチャを定着させ、レンジ内の日本人(有形無形、動植物、無機物問わず)に自らの宝具属性を賦与する“時代”を構築する国造りの大権能。
天孫降臨、神武東征────即ち、葦原中津国にて成し遂げた一大肇国事業の集大成。
ナガスネヒコ軍との戦いにおける無血勝利の逸話が示す通り、武威ではなく平定こそを真骨頂とするが、それでも膝を折らない信念堅き豪傑にこそ、神武天皇は武と敬意を以て相対する事だろう。
「六合(くにのうち)兼ねて以て都を開き、八紘(あめのした)掩いて宇(いえ)を為さん……! 磐戸を拓け、弓弦羽!!」


…………ここまでがこの宝具の本来の用途。

霊基出力の都合や徒な武力を是としていない神武天皇の意向、更に八咫烏の行方不明等の数々の事情が重なって、現在は金鵄型の光の矢を放つオーソドックスな攻撃宝具と化している。天羽槌の側面が持つ織物の権能でテクスチャを紡績しながら飛来する“金星”特攻攻撃。
天羽槌とは天羽槌雄神の事で、星を司るまつろわぬ神・天津甕星神を調伏した織物の神とされている。因みに天津甕星神は、武神・建御雷神にすら従わせられなかったバケモノ。
余談だが、宿敵・長髄彦もまた、天孫として宝具『天羽々矢(アメノハバヤ)』とその歩靫を持っている。



弓の騎士のサーヴァント。
カムヤマトイワレビコ。神武東征において中津国(今の日本)を平定し、日本国を肇国した史上最初の天皇。男性として語られ、実際に生前は男性と自己申告するが、一身上の都合により女性の肉体で現界している。一人称は『國(ワシ)』。

今日における彼女の物語は崇神天皇や天武天皇等、他の天皇をモデルにした創作という説があるが、実際には天照大御神の慈悲という分霊、一霊四魂が人間の肉体で現界したのが最初期の天皇一族の4兄弟で、神武天皇ことイワレビコはその末弟だった……と定める。

日向国の太子でしかなかった彼(生前は男性!)は、当時、国津神の横暴が跋扈する葦原中津国を平定すべく、兄や諸臣と共に葦原中津国の美しき自然と民の安寧の為、東征を開始する。
天照大御神からの遣いである八咫烏に導かれながら、愛する兄達を喪いつつも、宿命の天敵ナガスネヒコを打倒し、中津国平定を成し遂げた後、天皇に即位した。

日本において超抜級の信仰と知名度を併せ持つ大英霊であり、並以上の魔術師でも召喚はまず不可能。用意すべき触媒も天皇家の血統或いは生き血と、一国の象徴たる皇室に手を出すというリスクが大き過ぎて誰もが召喚候補から除外して然るべき存在。
『それでは淋しい』と嘆いた天皇陛下は考えた。英霊側から召喚し易くなろう、と。そこで彼は、彼女になった。


…………女に、なってしまったのだ。


ツッコミ所は多々あるが、『強くなる=生前に近付く』という方程式が存在する英霊の法則を逆手に取り、生前から遠ざかる霊基改竄を丹塗矢伝説を参照した呪術を用いて自らに施し、召喚される可能性を拡げたのが、この中津国のアーチャーこと神武天皇なのである。
こんな頭のネジが外れた様な手段が取れたのも、彼女の霊基が日本国内限定で常識外れだったが故である。

『平和をもたらす英雄』としての霊基を備えた、無血こそを至上とする穏やかな人格者だが、戦場にあって流血淋漓を怖れず、人道を蹂躙する軍略すら辞さない史上最古の妖魔ハンターでもある。
平時の温厚さと戦時の苛烈さを併せ持つが、人格面の土台が────、
・男性時:合理主義の怪物。
・女体時:平和主義の撫子。
と、性別によって異なっており、同じ英霊が並んだ場合、同一視が非常に難しい。

天皇としての責務を全うして崩御した為、精神面がポジティブな方向に変化している。基本的に寛大な性格で、大抵の事は赦してくれる。日本国の全てが大好きだが、視点が神的な平等さで、人間は勿論、小鳥やリス、シカやカエル、クマにオオカミにサル等の動物、更には生命ある自然物ですら、彼女の定義では“日本人”である。

その王道は『礼』。自らを国そのものとし、上下等の立場を問わず、しかして自他を尊重する優しく穏やか王を目指し、後に続く者もまた、そんな王道を尊んでくれたなら、それこそが至上の喜びである。


●備考・コメント
・Fate恒例のTS英霊を作りたいと血迷った結果、抜擢された御方が此方。

・『本来は英霊の枠に収まらない』系。崩御後もその存在濃度が薄まらず、今日に至るまで日本国を護っている。元寇とか。

・他のクラスだと日本国内でしか召喚できず、また国外にも出られない。

・ここまで設定ツラツラ述べてきたけど、要約すると『超強力な矢を放てる』というシンプルさ。天皇大権が目立ってない。

・軍勢召喚するとしたら、動物大行進。その全てが“日本人”判定。

・↑から思った事『コレ桃太郎じゃね?』


●対人関係
・藤丸立香
我がマスターにして日本国民。
息子/娘の様に導き、諭し、甘やかす。

・日本系サーヴァント
誇り高き後輩達。
今は同じマスターを戴くサーヴァント故、畏まるのは止めよ。

・王様系サーヴァント
国を背負う者同士。

・ラーマ
インド神話の桃太郎。

・シュヴァリエ・デオン
何方かと言うと浦島太郎。
金時も呼んで、カルデア三太郎結成じゃ!

・金星系サーヴァント
特攻持ちだぞ! 気を付けろ!

・エリザベート
特攻持ちだぞ! 気を付けろ!(勘違い)

・玉藻の前
同じ天照大御神の分霊。
実はちょっと似ている? いやいやいやいや。

・酒呑童子
鬼。…………鬼だと?
最初の天皇としてその後裔に当たる皇家の顔触れは全て把握しているが、その中にお主とそっくりな者がいたような…………?
9.前へ
◆記事一覧へ

2コメント
▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]猿猴捉月のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析