ハーメルン
名もなきA・弐の活動報告
神(ギフ)の復活は、目前……(リバイス感想)
2021年12月12日(日) 17:07

 いやー……衝撃的でしたね。何が驚いたって、カメレオン・デッドマンの正体。偽物だから「どうせ本物はどっかに監禁してんだろ」と思っていたのですが、そんな甘い考えはリバイスの世界に通用しなかったぜ(白目)
 今回で上級契約から更に先の存在……ギフテクスが六体揃ってしまいましたが、まさかの展開が続いていて脳の処理が追い付かない。後、個人的に一番怖かったのがカメレオンの本性。彼本来の姿が見えていたのですが、『自分の容姿にコンプレックスがあるから気に入った人間の姿になる』という大なり小なり抱えている変身欲求が垣間見えるし、一人の人間を自分の手で消した挙句正体がばれてもその人物の姿に擬態するという悪意が本当に怖かった……本性をぶちまけるシーンとか「役者さんすげぇ」と思いながら観ていました。
 後、バイスの一輝に言った言葉とか良い。一輝って家族や他人のために動くから「良くも悪くも説得が薄い時」があるんですよね。それを悪魔になった人間に指摘されたこともですが、『やりたいことは押し込まない方が良い』という悪魔らしくも相棒らしいセリフが本当に良かったです。
ゼンカイジャーは、何で正月まだなのにショウガツワルドなんだよ!前回なんてお盆じゃなねぇかと笑いながらツッコミを入れていましたが、最後の最後でシリアスが顔を出してきた……ちょっと遅すぎじゃありません?しかも中和しきれていないという。
 ステイシーがどう動くのか、ハカイザーの中身は無事に助け出せるのか。注目したいです。
9.前へ 1.次へ
◆記事一覧へ

2コメント
▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]名もなきA・弐のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析