ハーメルン
零戦の活動報告
さらばヤマトin三好人物設定
2022年04月26日(火) 21:49



三好将和(32)

ヤマトの世界に転移した将和君。冥王星沖海戦では巡洋艦戦隊を率いておりガミラス艦を多数撃沈する戦果を挙げている。また艦長職の前には戦闘機パイロットで名を挙げており350機以上のガミラス機を撃墜している。
白色彗星戦役では物語が『さらばヤマト』に気付きヤマトを自分の艦隊である第十三艦隊旗艦にして『ヤマト2』の道筋にしようとしたがその前にヤマトが脱走したので計画が水の泡となる。
その後は地球艦隊の一個艦隊司令官として白色彗星に立ち向かい全艦無傷にて彗星を滑る形で遁走に成功しヤマトと共に再度波動砲にて彗星のガスを吹き飛ばす。
決死隊が動力部の破壊に成功し超巨大戦艦にヤマトがテレサと共に体当たりをするのを目撃する。
白色彗星戦役後は地球連邦軍を建て直すため少将に昇進して第一艦隊司令官に就任する。
山南中将が宇宙艦隊司令長官兼第一艦隊司令官に就任するまで太陽系内に残存する敵白色彗星艦隊を相手取る。
山南中将が↑に就任すると自身は新設されたばかりの第五艦隊司令官に就任し旗艦を改『アンドロメダ』級『ミカサ』とする。


新見薫(31)

こにゃにゃちわーではないがそうである。(意味分からん)宇宙防衛大学校からメ号作戦までは古代守と原作同様に恋人関係だったが同期である将和の事も気になっていた模様。白色彗星戦役では第十三艦隊情報参謀として赴任しヤマトの最期を目撃する。
真田戦死後、暫くは荒れていたが何か将和と寝た事で復帰した模様。その後は将和の情報参謀として第五艦隊に異動する。将和の恋人1の位置付けになる。


山本玲(23)

グデーリアンは言った……ではないが元『ヤマト』乗組パイロットである。『ヤマト』乗組前(ガミラス戦役)の時に将和が飛行教官として赴任した時の練習生の一人であった。その後、『ヤマト』に乗艦し帰還後は月基地航空隊飛行隊長をしていた。乗機はコスモタイガー1であったが白色彗星戦役後はコスモタイガー2に乗り換えている。
白色彗星戦役後は第五艦隊に異動し『ミカサ』飛行隊長となっている。
ちなみに2202では将和に空戦勝負を挑んだが完膚なきまでに叩き落とされ一時は自信喪失したが今は持ち直している。
なお、その過程でチャッカリと将和と寝ていたりする。将和の恋人2の位置付けになる。


大山トチロー(32)

真田や将和らの同期。技術技官ではあるが変人なため白色彗星戦役時には第十三艦隊技術参謀として着任。『ヤマト』の最期を見届ける。
将和の良き相談役でもあり将和が「二人(新見と山本)と寝ちまった」と相談すると「年貢の納め時だな」と返すのである。なお、もう一人と寝たと報告を受けた時は笑うしか無かった模様である。



メルダ・ディッツ(22)

元はガミラス軍の銀河方面軍に所属していたが今はイスカンダル星王室付き近侍武官として、スターシャとユリ―シャに仕えている。
暗黒星団艦隊による攻撃を受けた時は単機にて応戦していたが『ミカサ』以下の地球艦隊が到着した時に厄介になる。



9.前へ 1.次へ
◆記事一覧へ

2コメント
2022年04月30日(土) 17:17
shinshin

続きを待ちます何時までもいつまでも・・・・・・


2022年04月29日(金) 03:39
黄金拍車

これが来たということは・・・続話くるか?

▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]零戦のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析