ハーメルン
N2の活動報告
ザナの化粧箱のある一つの化粧品について
2022年06月06日(月) 01:00

一言でいうと、モブせかの世界で暗躍したザナという女性の資産には破格の物があります。
ただし、裏に徹したいザナには不要なもの。使用した、お披露目した時点で自身の才覚が表に出てしまう。

ザナのある資産を見た息子のリックは、「ドン・キホーテではなく、この世界のシュリーマンかよ」という思いを零しました。
それらを使用しないことでザナの本質も表には決して出ないという覚悟がなんとなくわかってくる。
「先王を毒殺して息子に毒殺される。あの女は神話にでもなるつもりだろうか?」
このあたりと、もう二点ほどで示唆していますね。ロストアイテムというよりも遺失文明(ロストシヴィライゼーション)でしょうね。
でもこの世界だとそこまで一見した時のインパクトは無いんですよね(笑)
9.前へ 1.次へ
◆記事一覧へ

2コメント
2022年06月07日(火) 03:50
N2

萬月様、コメントありがとうございます。

知識的な部分で言えば、ザナという女性は嬉々として血肉に変えるでしょう。
暈した部分のヒントは、ダビデとソロモンです。
それをしっているがためにリックは関連付けた名称を鎧に付けました。

やっぱりモブせかの世界だと一見するとインパクトに欠けるんですよね……浮きし、ゲフンゲフン

2022年06月06日(月) 15:27
萬月

>この世界のシュリーマンかよ
ただ見つけたのはトロイではなくアレクサンドリア図書館、知恵の館ような史跡とそこに保管された。歴史と少々の経済と政治のほぼ完全に保全保存された蔵書と資料といったところかな

▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]N2のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析