ハーメルン
桐型枠の活動報告
プロットと過去作について
2014年05月19日(月) 23:44

次に書く話のプロットが全話分完成しました。
以前活動報告にも書きましたが、おおよそ15話分を書き溜めてから順次投稿する予定です。
時間の取れ具合にも左右されるので、もしも待っていただける方がいれば気長にお待ちいただければ、と。




以下は過去作について。


決闘世界とは違う作品で、私が以前某サイトで投稿させていただいておりました「遊戯王AC」という作品がありました。私の至らなさから更新を停止してしまい、サイト自体の運営停止から実質消滅したお話です。
元々のプロット、というか話の内容それ自体は全話分保存しており、リメイクという手法もできないわけではないです。個人的にもリベンジできるならしたいと考えています。
とはいえ二次創作という観点では「書きたきゃ書く」が本来の姿勢です。需要を気にするべきでないことは理解しているのですが、改めて書くに際してもかなりの問題がありまして。

遊戯王という作品を扱う以上、何らかの形でデュエルが関わることが必然なわけですが、カードプールの増加にしたがいGX時代に存在しない召喚方法が増えております。
当時はシンクロのみだったので、何だかんだでこじつけて「元々存在していたもの」として扱っていました。現行のカードと原作キャラの面々とのデッキパワーの差もあり、6期シリーズ以降のカードの採用を見送ることは現状でも困難ですので、仕方ないことかな、とは考えております。
しかし、リメイクするとなると、現状のプールに対応したカードを採用し、デュエルそのものも書き直すのが自然になるわけです。となれば、7期以降のシリーズ、つまりエクシーズやペンデュラムなども採用するべきではないか、と思います。しかし、それだけの数のカードを「元々存在していた」とするには流石に無理があるのでは、とも考えております。

本当にリメイクするかどうかは別として、こちらの活動報告を見ていただいた方がいらっしゃるなら、多少意見をいただけたらと思っております。
我ながら女々しい悩みとは存じておりますが、お力添えいただけるなら幸いです。

※ 追記
リメイク、と銘打ちましたが当時のままというわけにもいかず、設定として組み替えるべき部分は組み替えて書くことになるかと思います。
根幹的な設定に手を入れることもあるかと思いますので、対戦相手や話の流れが変わってしまう部分もございます。最初に明記しておかなかったのは本当に申し訳ありません。そうした点も含めて、という話になりますが、どうかよろしくお願いします。
9.前へ 1.次へ
◆記事一覧へ

2コメント
2014年06月15日(日) 09:22
雑音鳥居

ACがまた投稿されるなら是非読みたいです!でもわざわざペンデュラムやらは混ぜなくて良いと思います(と言うか、先攻ドロー禁止とかペンデュラム召喚とかよく理解できませんし。)

2014年05月21日(水) 15:16
桐型枠

>N.Aさん
ご意見ありがとうございます。
ですが、ある程度設定の刷新を考えていますので、例の彼らが出てくるかどうかは今のところ名言はしづらいです。
そのため、そちらの方面に由来を求めるとなると若干厳しいかなと。主人公側だけに所持させても不公平ですし。
ただ、どのようなカードが存在するかという点については予め明言しておこうとは考えています。
現状、ペンデュラムに関しては、原作の情報も出揃っておりませんので見送ろうかなと。

2014年05月20日(火) 12:41
N.A

私は当時のままでも大丈夫だと思います
当時のままでもデュエルの完成度は高いですし無理にエクシーズやペンデュラムを入れなくてもいいとは思います。
あえてエクシーズやペンデュラムを入れるなら未完のその先の展開の中で幻影や軍団経由で入手するというのはどうでしょうか?
もし、また遊戯王ACがまた投稿されるのならば真っ先に読ませていただきます

2014年05月20日(火) 00:00
桐型枠

ご意見ありがとうございます。
世界観や使用するカードはかなりデリケートな問題だということもあり、こうして詳細に意見をいただけるだけで、とても心強く思います。
ともあれ、申し訳ありません。リメイクとはいえ当時力不足と描写や設定の穴を作ってしまったことを鑑みて、基本的な設定以外のものは考え直し、ある程度設定を見直し組み替える予定です。前提条件が変わってしまうため、これに関して書き忘れていたことについては本当に申し訳ないです。

>J・フロストさん
個人的にも、小説の内容や使用カードに縛りを設けることは大賛成です。
ただ先述の通り、設定の組み直し等が存在するため「当時のまま」書くのは避けると思います。
シンクロ関係に留めておくのがベターとは思いますが、何か世界観と上手くすり合わせられる設定があればエクシーズくらいは……と、個人的には考えております。

>むうたさん
段階を踏むのは確かに効果的ですね。
ただ、場当たり的に出したと思われかねないこともありますので、使用カードについては最初の方に明記しておきたいとも考えています。

当時のプロットは現存していますので、現在書いているものの息抜き程度にリメイクもできるかもしれません。もしもそれができた上で投稿できましたら、どうかよろしくお願いいたします。

2014年05月19日(月) 23:08
むうた

無理にペンデュラムやエクシーズを入れなくても大丈夫ではないでしょうか?(シンクロはチューナーの存在がある為やむなし)

もし使用する場合、他の作者様方が取られているように段階を踏み、尚且つ厳選して使用という方法もあります(ペガサスが頃合いを見計らって云々、など)。

リアルタイムで読んでいた身としては、もし遊戯王ACをリメイクして頂けるなら、是非してほしいです。

頑張って下さい。

2014年05月19日(月) 23:00
J・フロスト

過去作の一読者である私から言わせてもらいますとシンクロはあの設定で別に大丈夫ではないでしょうか?
ですがエクシーズ・ペンデュラムとなると話は別になるかと。
プラシドやらが途中介入してくる辺り、そういうのがあるとあのままリメイクではおかしく感じてしまいますよ、なにより原作設定との擦り合わせが大変でしょうし。
私も二次(5D's)のプロットを練っている最中ですが、エクシーズやペンデュラムは使わないという方針でないと決めたりしています。
確かにカードプールは厳しいものがあると思います。十代などの原作キャラを出すのであれば、それらとのアドバンテージ差などもあってなおさら大きなものとなってしまいそうです。そこで私から意見を言うのであれば、ある程度のゆるい縛りを小説設定として課す。というのではいかかでしょうか?
例:カードテキストに「エクシーズ」・「ペンデュラム」が書いてあり、ないしそれらのカードを特定しているカードは使わない。
といったような感じにしておけば、一応《カゲトカゲ》や《ガガガマジシャン》などは使っても文句はないことかと。

長文と間違って1度返信してしまい失礼しました。
過去作に関してうんぬんかんぬん言わせてもらいましたが、最新作にも期待しています。

▼コメント投稿
本文:※10~1000文字



[0]桐型枠のページに戻る

[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析