ハーメルン
感想一覧
ウルトラマンカイナの感想

<< BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT >>

M Y ID:Z4pAeqhI  [07/19 15:39]
今日は、お久しぶりです。

読みましたよ。

私の考えたウルトラマンが登場して下さり有難う御座います。

凄く良かったです。

本当に有難う御座います。



【返信】オリーブドラブ [07/19 23:32]
 感想ありがとうございます! お久しぶりですね。リキシの活躍を描いたエピソード、楽しんで頂けたのであれば何よりです。随分と時間が掛かってしまいましたが、前回企画から約1年越しの本格参戦となりました。こちらこそ、楽しんで頂き誠にありがとうございました!٩( 'ω' )و

俊泊  [07/18 03:38]
更新お疲れ様です。
まず、前回の自分のコメントが、設定改編の強要、アンケートの回答、リクエスト行為らを理由として削除されてしまっているようですね。ただ、自分は
「~してください」
という類の発言は一言も記載していないから、設定改編を『強要』もしていなければ、『リクエスト』に該当する行為も少しも行っていない事になる筈かつ
別にオリーブドラブさんは活動報告でアンケートを開催しているワケでは なく、感想で集計目的の質問をしているワケでもないから『アンケート』にも少しも該当していないから、
この度の削除理由に該当する行為は全く行っていない筈なのに、超おかしいですねぇ……

それは そうと、感想ですが……今回は前回にて出てきたキングジョーから陸上調査部隊が避難しつつ航空隊が苦戦する感じと、ウルトラマン達の初登場とでも云った感じですかね。
何気に乳揺れや尻揺れも有ったのが良かったです。

>琴乃とシャーロットを庇うように伏せていた弘原海は、
ふーむ、この時に琴乃かシャーロットの肛門の位置へ鼻を深く埋めるような形で図らずも倒れ伏してしまっていたら、流石の彼も動揺したかな?(ぉ

>ウルトラマンのような強大な外宇宙の戦力を、防衛手段に利用出来る手段があれば……!)
残念ながら、そういう感じの事が一応は出来ていると言える『AZITO』シリーズへは円谷系の出演は皆無なんだよね(違
なお、自分としてはAZITOシリーズでは『2』が最も好みだと(ry

>BURKセイバーについては~現状その予定も無いですねー_(┐「ε:)_
うーむ、そうですかぁ……わかりました。
    あっ、それは そうと今回は、異星人間での兵器類の輸入等の交易やら外交やらの話が少しだけ出てきていたのが、ちょっと星間戦争チックで何か良かったですね。

>リーゼロッテやシャーロットをはじめとする~具体的な予定は今のところは無いですね。
ふむ……とりあえず承知しました。

>BURKセイバーに代わる次期主力戦闘機(つまりBURKビートルやBURKイーグルの前任機)については~
うーむ……まあ、とりあえずコレも承知しました。

さて、一日おきの更新は今回で途絶えると共に、次回からは応募ウルトラマンや応募女性パイロットらが登場してくるらしいですが、
活動報告を読んでみた感じでは、イタリア支部というコレまでにない地方支部の所属キャラしかも外星編の6年後と思わしき女傑編時代ならば隊長クラスを担えそうな年齢のキャラとか、
三十路前および三十路の合法ロリという、6年後くらいには いずれかの支部の副隊長(というか主任?)くらいを担えそうなキャラとかも投稿されているようで、
彼女らの活躍が具体的に描かれる時が来るのを……ぶっちゃけウルトラマン枠の活躍の数億倍くらい(ぉ)楽しみにしている旨を最後に述べさせて頂きます。

【返信】オリーブドラブ [07/18 08:11]
 感想ありがとうございます! 感想削除についてはなんとも言えませんが、今回はキングジョーの暴れっぷりとその背景に踏み込んだエピソードとなりました。
 お色気に走っていられる場合ではなくなって来ましたが、庇うように伏せるシーンでラッキースケベ状態になっていたら、さすがの彼でも多少は焦っていたことでしょう_(┐「ε:)_

 AZITOシリーズというものは初めて知りましたが、このような面白そうなゲームがあったのですねー。シャーロットがやろうとしていることは多少この方向性に近い……のかも知れませんな(´ω`)

 異星人間での兵器類の輸入等の交易、というスペオペなお話はこういう舞台の方がやりやすいよなー……という思いもありましたし、今回はそういったテイストも盛り込んでみました。ウルトラシリーズお馴染みのペダン星人とキングジョーだからこそ、ちょっと生々しいところにも踏み込んでみたくなりまして……(*´ω`*)

 ひとまず毎日更新はここで一旦打ち止めとし、次回からは読者応募キャラ達にフォーカスを当てていくこととなります。なのであとがきにある通り、募集終了まではお休みを頂くことになりますねー_(┐「ε:)_
 ジャンルがジャンルだし、女性パイロットの方はそれほど集まらないかも知れないなー……という企画主の予想に反して、すでに個性豊かな女性パイロット枠がどんどこ集まって来ていますからね。彼女達の活躍シーンは、私も楽しみにしておりますよ。確かに女傑編の頃には、彼女達もかなり出世してる……のかも知れませんな(´ω`)
 ウルトラマン枠の活躍と併せて、最後まで楽しんで頂けると幸いです。ではではっ!٩( 'ω' )و

俊泊  [07/17 11:17]
#運対(設定改変の強要・アンケートの回答・リクエスト行為)#

【返信】オリーブドラブ [07/17 13:51]
 感想ありがとうございます! 本章のメインヴィランとなるキングジョーの登場回……でありつつ、今回もシャーロットのお色気描写に力を入れた回となりました。恐らくは彼女がどこに座っても男達は色々な意味で苦労したとは思いますが、後部座席に座らせれば、爆尻が視界に入りにくい分まだマシ……だったのかも知れませんね_(┐「ε:)_
 弘原海も色々な経験を重ねた熟練の男ですし、琴乃との付き合いも長いのですから、シャーロット相手でもいちいち動じないのでしょう。情には厚いけどその辺については淡白、という性格なのは物語の初期からですので……(´ω`)

 今回から初登場となったドイツ支部のリーゼロッテは、BURKセイバー隊の隊長であるのと同時に、女性パイロット枠におけるサンプル役の1人として設定しておりました。万一女性パイロット枠が1人も来なかった場合でも、BURKセイバー隊を引っ張れるキャラはどうしても必要になりますし(´Д` )
 女傑編はこれまでのエピソード群でほぼ大筋が完結しておりますし、アメリア達とはまた違った方向性のキャラが欲しいなーという理由もありました。女傑編を書く上で得たフォーマットを取り入れつつ、あのチームとはまた違った顔触れの美女パイロット達を描いてみたいという思いもありましたし。「胸は無いのにケツデカー」は多分、例の幼稚園児だけでなく色んな人達からすでに言われまくってる……気がしますな_(┐「ε:)_

 BURKセイバーについてはこれ以上要素を盛ると話の腰が折れてしまいそうなので、残念ながら俊泊先生が仰られている案を取り入れるのは難しいものと思われます。リーゼロッテについては確かに、「ぐでー」っていう感じで休んでいる様子が目に浮かびますね( ´△`)
 後半から出て来たキングジョーはすでに見た目はボロボロなのですが、この状態でもウルトラマン達とガチれるほどの超絶タフな個体だったりします。残念ながらペダン星人は「もう」ここには居ないので宇宙船等が出ることはありません。敵側女傑……というのも面白そうではあるのですが、現状その予定も無いですねー_(┐「ε:)_

 リーゼロッテやシャーロットをはじめとする外星編の女性陣に、アメリア達が絡むシーン……というのもいずれは描いてみたいと思いますが、具体的な予定は今のところは無いですね。BURKセイバーに代わる次期主力戦闘機(つまりBURKビートルやBURKイーグルの前任機)については、最終話でちょこっと触れられたらいいなーと思っております。
 次回のpart3で一旦更新は休止となりますが、最後までどうぞお楽しみに。ではではっ!٩( 'ω' )و

俊泊  [07/16 10:53]
更新お疲れ様です。
おお、ついに例の新企画が始まったようですね。

今回も乳揺れや尻揺れが其れなりに描かれているのが良かったです (^ ^;

>光速に迫る疾さでホピス星を目指していた。
亜光速以上で航行すると、いわゆる『ウラシマ効果』が発生してしまうから、ワープ機能を付けておいた方が良いんじゃないかとも……
……と、言いたいところだけど
>あまりの速さ故か、機内から見える暗黒の景色は渦のように歪み始めている。それはやがて大きなうねりとなって
ふむ、もしかして某スタートレックとかみたいな通常空間型ワープの設定ですかね?

>乗組員の男達も、彼女の蠱惑的な肉体と芳香には毎日のように頭を抱えていたのである。
すみません、ちょっと東方の二次創作も並行して読んでいる所為で「芳香」を「ほうこう」ではなく『よしか』と読んでしまいました(ぉ

>178cmという長身。そして推定Mカップという琴乃を凌ぐ特大の爆乳に、安産型の豊穣な爆尻。
ふむ、挿絵に記載されていた年齢設定を見るに、女傑編の頃には三十路になってそうな感じだから、やはり彼女が例の博士キャラですかね?

>現役の単座式宇宙戦闘機であり~
活動報告への返信も読ませて頂きましたが……ふーむ、でも実は単座機は其処まで好きじゃないのと、
ツェンドルクっぽい複座以上だとしたとしても別にメインパイロット一人で単座機と同じように操縦する事も可能となっているのだから無理に単座機とする必要も無い筈だという他、
    なにより通常仕様でもツェンドルグみたいな複座式としておけば、レーシングバイクのシート状の前部メインパイロット席に座った女性キャラの尻を後部座席に座ったキャラが勢い余って蹴ったりとかする展開が偶に出来そうなのと、
  更に指揮官機仕様ならば其れに加えて、変身者キャラが部隊指揮機能メインの第2コックピットの方へ一人で同乗させてもらってから、メインパイロットが入る第1コックピットとは別室となっているが故に見られたり気付かれないのを良い事に第2コックピット内で変身する……
……などの展開が必要に応じて出来そうなんじゃないかなとも思いますが……

>82式指揮通信車をベースとしており、指揮官席の座席は尻が背凭れで隠れない構造となっている。
これは、もしかして……例のエレーナ用だった筈のアレですかね?
でも、あっちのベースは(パトレイバーの)99式指揮通信車だから微妙かなとも……(汗
あと今回は、指揮官席に女性キャラが座らなかったらしいのが少し残念ですね(ぉ


今回も挿絵なども含めて良かったですが、前書き側の挿絵を見てると、別に何の根拠も無いのだけどシャーロットが琴乃の乳や尻へレズセクハラしつつ腹等へ人体実験そうだなと(ry

【返信】オリーブドラブ [07/16 11:47]
 感想ありがとうございます! 本章は話の構成上、徐々にお色気に走ってる場合ではなくなって行くことになるかと思われますので、今のうちに乳や尻にはばるんばるんして貰っております。BURKスコーピオンやBURKセイバーの光速移動はほとんどワープみたいなものと思って頂ければ……_(┐「ε:)_

 ちなみに景色が渦のように……という描写は作中におけるワープ現象でもありますし、メタ的には「『ウルトラQ』のロゴが『ウルトラマン 空想特撮シリーズ』に変貌するあのアバン演出」を「現象」として落とし込んだオマージュ描写でもありました。慣れない特殊タグに挑戦したのもこの演出がやりたかったがためでございます。芳香、確かによしかとも読めますなー。言われてみて初めて気付きました(´-ω-`)
 お察しの通り、シャーロットがいわゆる博士枠でございます。彼女は今後の出来事に大きく関わって来るキャラなので、ぜひご注目ください(о´∀`о)

 単座機はお好みではなかったかも知れませんが、作者のキャパオーバー回避のための措置としてこの設定で書かせて頂きました。以前にも申し上げましたが、結局書くのは作者である私ですので。無理して企画自体が頓挫しては本末転倒なので、本章においてはこのままの設定で執筆を進めまする_(┐「ε:)_
 ただ、「変身者キャラが後部座席に搭乗した状態で変身する」という演出はハッとなる素敵なアイデアだと思います。本章中では難しいですが、いずれどこかのシーンで活かせたらなーと思いますね。ありがとうございました(*⁰▿⁰*)

 BURKエイティーツーは女傑編では出番がなかったエレーヌの通信車案が土台になっておりますね。パトレイバーに登場した99式指揮通信車も82式がベースになっているようですから、原点をより掘り下げる形で今の案に着地する運びとなりました。他作品の世界観にあるモノをそのまま持って来たら、中途半端なクロスオーバーになっちゃいますし_(┐「ε:)_
 ちなみに指揮官席にはごく短時間ながら、シャーロットが座ることになります。そのシーンがあるpart2も近いうちに公開されますので、どうぞ次回もお楽しみに! セクハラ……はともかく、お色気はもうちょっとだけ続きますぞ!٩( 'ω' )و

俊泊  [07/09 22:50]
更新お疲れ様です。
おお、例のスダールの話をやってもらえたようなのに加えて、BURK爆龍の活躍およびミッションコントロール区画の使用描写もしてくれたようで、とても嬉しいです!

元ネタの漫画版とかみたく島民によって開脚磔にされてしまうシーンが無かったのが少し残念ですが、今回も触手責めの箇所など(*´Д`)ハァハァできる箇所が有って、何だかんだで凄く良かったです。

冒頭のビーチバレーについては、例のDOAのヤツを意識しましたかね?
  それに加えて、琴乃は もしかして、名前的にDOAにも出ているCV三石琴乃な女性暗殺者を意識しましたかね?
まあ、だとしても三石さんだと世代が上すぎなかとも思えたので、自分は琴乃の声は園崎未恵さんでイメージしていたのですが(ぉ

中盤頃の触手責めも素晴らしかったです。
でも、できればオリヴィアと凛風あたりへの『首絞め』とか
他の何人かが水中へと引きずり込まれてしまうという窒息系が有れば更に良かったですね。
   それと、できれば鬼太郎の3期の第20話みたくスダールに丸呑みされて「気を付け」の姿勢で肉壁に圧迫されるのに暫し苦しめられてから、超巨大二枚貝の中に閉じ込められて真珠化させられてしまう感じにも……と言いたいところだけど、彼女らは灰汁までも普通の人間なのだから其処まで やってしまうと流石に死んじゃうかな? (^ ^;

>レーシングシート状の操縦席に飛び乗ったアメリアは
ふーむ、ここは少し長くなるのを覚悟して『レーシングバイクのシート状の操縦席』だった方が、読者に解り易いのでは ないかと思います。

>イヴァンナ、オリヴィア、エレーヌの3人は乳房を揺らして砲手席に着く。
ふーむ、この『砲手席』というのはコックピット側のパイロット席以外の残り三つの席すなわち指揮官席と残り二つのオペレーター席の事ですかね?
そうだとして、一応はコレらにも砲手席としての機能も付与されているから間違っては いないのだけど、できれば座席の本来の機能・役割に則って指揮官席とかオペレーター席などと呼んでほしかったかなとも……

>~後方のミッションコントロール区画へと駆け込んでいる。そこに設置されたレーダーには、「触手の正体」の位置が正確に映し出されていた~
おお、メッセージでも言ったように凛風がミッションコントロール区画を使って指揮に専念する展開としてくれたのに加えて、この部屋のメイン機能に則った描写も成されていて、とても嬉しかったです (^ ^

>「女達の怒り……篤と思い知りなさい、変態蛸野郎ぉおッ!」
ふーむ、この台詞は指揮を執っている凛風、実際に操縦しているアメリア、レーザー砲の砲撃も担っているエレーヌ達のいずれかの、誰の台詞なのか地味に気になるかなと(汗

>ビーチバレーを再開しようとして琴乃の拳骨を貰ってしまった凛風は
ふむ、今回はコックピット側の四つの座席すべてが埋まっているのだから、レーシングバイク状のパイロット席に着いているアメリアの尻を他の三人が叩いたり揉んだりする感じとかも欲しかっ(ry

>~もしかしたら今話がこの女傑編のエピローグになるんじゃないかなー……?~
えーっ、もっともっと やってほしー! (>_<)
というか、夜廃墟の大蜘蛛こと『タランチュラ』のアレと、割と其のまんま幽霊な『シャドウマン』のアレならば、ヒロピン描写に加えて今回のスダールのとは「別の方向性」で”夏”らしさを出せるだろうに……
……タランチュラで思い出したけど、猫島菜緒ら民間人系女性キャラ達のヒロピン展開が、まだ足りない筈だと(ぉ

>~「新企画」を始められる……かも知れませんので~
ふむ……確か、今年2022年の6月26日~27日に掛けてのメッセージによると、26日に送った内容のうち防衛チーム関連の諸々にだけはインスピレーションを刺激されて、それを例の新企画に活かせれればなと思っておられたようですが、
26日のに記載した指揮官機も通常機も、メインパイロット席がBURKイーグルやBURK爆龍と同じくレーシングバイク状となっているので、必然的に尻が強調されがちな姿勢となる筈ですから、
それに伴って例の『新企画』とやらも女傑編のように若くてスタイルの良い女性キャラ(あるいは、せめて男の娘)がメインとなる、お色気要素やヒロピン要素満載な感じとなってくれたら、個人的に物凄く嬉しいかなと(ry

ともあれ、今回も乳揺れや尻揺れに関した描写が多くて凄く良かったです。
また、ラストの挿絵も素晴らしかったのですが、琴乃の突き出された尻が見切れて見えなくなっているのが残念かなと(ぉ

【返信】オリーブドラブ [07/10 15:10]
 感想ありがとうございます! 夏に絡めたスダール回……も兼ねての水着回となりました。BURK爆龍の活躍や触手シチュも含め、今回も楽しんで頂けたのであれば何よりであります(о´∀`о)
 ビーチバレーに関してはお察しの通りDOAXシリーズの影響なのですが、琴乃については「ミサトさんのような、主人公にとっての姉代わり的存在」というイメージなので、クリスティとはちょっと方向性が違うかもですね。園崎未恵さんの声も聞いてみたのですが、確かにイメージぴったりでございましたな(*^ω^*)

 今回の触手シチュはえちえちな雰囲気を出しつつも、なるべくソフトな感じに書かせて頂きました。首絞めや窒息系……というのは書く側としてはあんまり気乗りしなかったので(´-ω-`)
 操縦席や砲手席に関してはなるべくご意見を取り入れつつ、自然な流れに収まるように加筆修正させて頂きました。今回、琴乃と凛風についてはミッションコントロール区画に行ってもらったわけですが、喜んで頂けたのであれば何よりであります。ちなみに「変態蛸野郎!」と憤っていたのは凛風ですな(´ω`)
 アメリアの尻も叩いて欲しかったとのことですが、イヴァンナもオリヴィアもエレーヌもそういうことをするタイプではないので今回はお咎めナシとなりました。そういうことを気兼ねなくやりそうな凛風が今回は殴られる側でしたからねー(´Д` )

 もっと色々やって欲しいと言って頂けるのはありがたいのですが、実際に書く作者側としては今のところ筆が乗るシナリオが浮かんでいませんし、他にもやりたいことがありますので。
 新企画については俊泊先生のアイデアも部分的に取り入れつつ、分かりやすさを優先して、よりシンプルに簡素化した内容で考えております。ヒロピンについてはともかく、お色気はしっかり出して行ければなーと思いますね。まだレギュレーションを詰めている最中ですので、来週辺りまでゆっくりまったりお待ちください〜_(┐「ε:)_
 乳揺れや尻揺れ、今回も楽しんで頂けたのなら何よりです。琴乃のアングルについては、「表情」と「太腿」と「ナイフ」をしっかり映そうとしたらこういう画角になっちゃったという感じですね。尻もしっかり映したかったんですけどねー(ノД`)
 ではでは、失礼しました。

俊泊  [06/25 22:11]
更新お疲れ様です。
今回も先週に続いて過去編だそうですが、今回もボリュームが多くて読み応えがありました。
今回の登場怪獣はネロンガとガボラだったようですが、この二体は同じ着ぐるみを改造して使いまわした怪獣でもあるので、一緒に出てきたのが妙に感慨深いですね (^ ^

しかし読み応えは確かに有るのだけど……なんだろう、女傑編の時の高揚感みたいなのを感じないというか……(^ ^;

【返信】オリーブドラブ [06/25 23:52]
 感想ありがとうございます! 今回も前回のシスニャー回に引き続き、読者応募ウルトラマンにスポットを当てる過去編のエピソードとなりました。今回は特に「昔ながらのウルトラマン」を意識して書かせて頂いたお話であり、作者としても非常に楽しませて頂きました(о´∀`о)
 ネロンガとガボラは同じ着ぐるみがベースになっているとは思えないほど、それぞれの個性が際立っていますよねー。今回はお色気路線を重視していた女傑編とは違って、正統派ヒーロー路線に比重を置いたエピソードだったので、ちょっとお気に召さない部分もあったかも知れませんなー……(ノД`)

魚介(改)  [06/19 20:54]
USAはパワード同様アメリカ故の規模のデカさが一種のウリなもので……
ウルトラスパウトでなくても水流とか念力とかそういった方法があるのにアークくんはさぁ(呆れ)

【返信】オリーブドラブ [06/19 21:08]
 感想ありがとうございます! パワード然り、アメリカ産のウルトラマンはとにかく規模がデカいんですよね……。この時のアークにはまだ水流や念力といった解決法の発想が無かったのでしょう。アークはまだウルトラマンとしては中学3年生くらいの年齢のようですから(ノД`)

俊泊  [06/19 03:42]
更新お疲れ様です。

おお、今回にて ついに例のシスニャーが登場したようですね!
女性体形のウルトラマンというだけあって、乳や尻に関した描写が多くて実に良かったです。

でも女傑編にてマニアックなピンチ・シーンを見てきた後という事もあって、触手責めを少しだけというのでは、どうしても女傑編の全裸縮小化閉じ込めとアイソレーション・タンク浸けの洗脳未遂と比べると見劣りしてしまいがちかなと……
……ぶっちゃけシスニャーが本格的なピンチに陥って苦悶しているシーンをもっと見たいと(ry

【返信】オリーブドラブ [06/19 17:28]
 感想ありがとうございます! 今回はいよいよ、満を持して(?)のシスニャー回となりました。女性ウルトラ戦士という特徴を強調した描写の数々も、喜んで頂けたのであれば何よりであります(о´∀`о)
 今回はシスニャーのつよつよなところを魅せて行くためのお話だったので、確かに女傑編と比べるとヒロピン的なシーンはかなりソフトな感じになってしまいましたねー……。今にして思うと、ちょっと勿体無かったのかも知れませんな(ノД`)

黒崎 好太郎  [06/19 02:49]
更新お疲れ様です!

シスニャーの活躍を拝めるとは予想外でした。
しかもアークの教官だったとは。
他の兄弟達から羨ましがられたり……。

(案外ウルトラ師匠たちは皆スパルタ気味だから、そうでもなく……むしろカイナら6兄弟で愚痴大会が始まりそうな……笑)


気がつけば、先輩、教官、師匠などとして様々なウルトラマンたちが活躍された過去編。
あと数名残っている方々も、いつかその勇姿を覗ける機会があるのかどうか……ワクワク

また新たな物語が更新されるのを楽しみにしております!

【返信】オリーブドラブ [06/19 17:21]
 感想ありがとうございます! 今回は読者応募ウルトラマン達の中でも一際異彩を放っていた、シスニャーについて掘り下げるエピソードとなりました。確かに他の教官枠と比べてスパルタ感はそれほど感じられませんし、羨ましがられたりはしていたのかも知れませんな……(´Д` )
 過去編もそろそろ深刻なネタ切れ状態ですし、加筆出来る新エピソードもあと1回くらいが限界かなー……というところですが、今後も楽しみにして頂けると幸いです。ではではっ!٩( 'ω' )و

俊泊  [06/13 00:26]
更新お疲れ様です。
そして多忙かつ見所が色んな意味で多すぎた所為で感想を書き込むのが少し遅くなってしまい、また
ほぼ同時期に更新された二作品のうち一作品はインターミッション・メインで感想として書き込む事が特に無かったのに加えて疲労により感想を書き込むのを断念する事となってしまい申し訳ない。
それで、今回は6隊長が其々の機体に乗って恐竜戦車を撃破する回とでも云ったところでしたね。

>「……さっすがは梨々子(りりこ)のパパ、綾川(あやかわ)司令官ね!~
ふーむ……もしかして、この司令官は特別編とかの方で出番が有りましたかね?

>~全長15mのボディを特徴とする、アメリカ支部の新型戦闘機「BURKイーグル」。
あー、より厳密には15『強』メートルなのに加えて、スカイフィッシュとは違って(?)流線形だそうだから、全長は十メートル代後半くらいに延長しておかないと、ツェンドルク風なメイン操縦用コックピットとジェットビートル風な予備操縦用 兼 航空隊指揮用コックピットと、コックピットを二つも付けるのは少し厳しいかもと……

>「……言っておきますが、この車輌には車体後部にもドアが付いています。そちら側からならば、上面ハッチよりは楽に出入り出来るはずですよ」
>「先にそれを言いなさいよッ!?」
おお、メッセージで言った此の件をちゃんと拾ってくれて、とても嬉しいです!どうも、ありがとうございます m(_ _)m

>レーシングバイクのシートのような構造となっている、BURKイーグルとBURK爆龍の操縦席。そこに跨るアメリアと凛風は、その白く豊穣な巨尻をぷりんっと後方に突き出していた。
うん、この件をちゃんと描いてくれた事も、そして構造的に尻を突き出す形となる件も、ちゃんと描いて頂けて、とても嬉しいです!

>凛風はGカップの爆乳を押し潰すように前のめりになり、背を反って安産型の爆尻をぶるんっと弾ませている。
おお、尻関連だけでは なく、レーシングバイク型コックピットで よくある前のめりになって座席に圧し潰される乳の描写も有って実に素晴らしいです (^ ^

>攻撃に集中するあまり自分の格好が自覚出来なくなっているのか、彼女は真剣な貌のまま、むっちりとした白い爆尻を恥ずかしげもなく後方に突き出していた。
ふーむ、ちょっと背後の指揮官席を部下に預けた状態でのも見てみないかもと(ry

>~恐竜戦車は、あらゆる箇所の内部機構が剥き出しにされている。そのような状態になりながらも前進を続けている姿は、さながら生ける屍のようであった。
ふむ……ロボネズとガンタンクが合体した感じかな?

>全長約50mという巨体でありながら~
うーん、50メートルでも艦艇としては寧ろ小型であるような……

>~新型潜水艦「BURKハイドランジャー」の艦長として、その指揮を取っているのだ。
あっ、オリヴィアの座乗艦は潜水艦となるのですね。特別編の方で戦艦に乗っていたので、更に大型なマックス号とかみないな水上艦になるかなと思っていたので、なんか意外だったかなと…… (^ ^;

>~艦内の女性乗組員達もごくりと生唾を飲み込んでいた。16歳とは到底思えない完成された色香は、部下達を瞬く間に虜にしている。
やっぱコッチの部下たちも百合っ気が(違

>「……良いわけがあるかぁあ!~
……いや、そういう設定だったんかい!?

>仮眠マスクというのも良さそうだなーとは思うのですが、やはり私としてはヒロイン達の顔や肌がなるべく隠れないやり方を推したいところですね。
うーむ、視界が塞がれてしまって戸惑う感じとか、マスクを被されそうになった焦る感じとかも良さげだと思うのですが……

>イヴァンナが車内から凛風の尻を叩く……というシーンにする案も一応あるにはありましたが、彼女についてはそこまで軽いノリで他人に手を上げるイメージが無かったので、口頭でのお小言に留める運びとなりました。
なるほど、でも普通に触ったり指先で突いたりするくらいならばイヴァンナでも(ぉ

>怯むことなく機体上面の格納式板状無人高角レーザー砲から、火を噴き続けていた。
うーむ、できれば兵装の形状とか、格納状態から展開される様を地の文で描いてほしかったかなとも……

今回は凛風および其の乗機であるBURK爆龍なる機体の活躍が其れなりに描かれて、それが凄く嬉しかったです。
また、レドームから爆撃角度から兵装そしてミッションコントロール区画(今回ここは無人だったのでしょうが)の件まで、ちゃんと拾ってくれて、とても嬉しかったです。どうも、本当に有難うございました!

しかし、やっぱりエレーヌの指揮通信車は出せませんでしたか……
……次回の更新予定は未定だそうですが、やっぱり巨人化梨々子とモルフォ蝶と序に草刈さんっぽい(ry

【返信】オリーブドラブ [06/13 22:08]
 ご多忙の中、感想ありがとうございます! お忙しい中でも拙作を読み込んで頂き、感無量であります。今話を以てようやくこの女傑編も一区切りであります(о´∀`о)
 梨々子パパこと綾川司令官はその存在こそ連載初期から触れられてはいましたが、今まで全く活躍の場が無かったため、今話を機に各国支部から最新機を取り寄せるという働きを見せて頂きました。その一つであるBURKイーグルにつきましては、御指摘を元に18mまでばいーんと伸ばしております(´-ω-`)

 BURKアルマータのハッチについてのやり取りや、レーシングシート状の操縦席に関する爆乳や巨尻の描写諸々についても楽しんで頂けたのであれば何よりです。今回は状況が状況なのでパイロット以外は無人ということでお送りしていましたが、次回があるならちゃんと人員が揃ってる状態にしたいものですなぁ(´ω`)
 恐竜戦車は解剖イラストによると恐竜部分もほとんどメカのようですし、今回はその内部があちこち露出している状態だったのだと思って頂ければ。BURKハイドランジャーの設定は原典のハイドランジャーに寄せたスペックだったのですが、確かに50mはその分野の艦艇としては小さい方ですな……そこは微妙に地の文を修正させて頂きました( ´△`)
 オリヴィアについては艦内を歩いているシーンくらいでしか色気の描写を出せる機会が無かったので、乗組員達にも百合っ気を出して頂くことになりました。琴乃が嵐真達に手を焼いていた設定についても、ここくらいでしか掘り下げるタイミングもなさそうだったので、オチとして差し込ませて頂いております(´ω`)
 視界が塞がれる……というのはともかく、ヒロイン達の焦りを掻き立てるような描写は今後の執筆に取り入れて行けたらなーと思います。触ったり突いたり……というスキンシップはアメリアの方が向いてそうですなぁ(*´꒳`*)

 格納式板状無人高角レーザー砲についてはなかなか作者的にも描写が難しいので、砲塔と砲身が一体化しているという旨の加筆のみに留まっております。が、BURK爆龍の活躍も楽しんで頂けたのなら何よりです(*^ω^*)
 エレーヌの通信車は流石にねじ込む余地がありませんでしたなぁ……。次回のお話がお届け出来るかどうかは全くの未定ですが、もし琴乃達の活躍をもう一度描ける機会があった時には、拾える限りのネタを拾って行けたらなぁ……と思います。

 ではではっ、応援ありがとうございました!٩( 'ω' )و


<< BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT >>



◆感想を書く
内容※10~5000字


感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。


[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析