ハーメルン
感想一覧
家長カナをバトルヒロインにしたいの感想

1 2 3 4 5 6 NEXT >>

YFY  [01/17 23:37]
最新話投稿お疲れさまです。

ガールズトークが早速見れて感無量です!

そして原作では全く無かった若菜さんとの絡みがいいですね
原作カナの家庭環境の掘り下げが無かったのもあんまりでしたが、若菜さんも主人公の母親という重要キャラであるのにも関わらず人物背景が薄い印象だったんで、掘り下げてくれるのが嬉しいです

【返信】SAMUSAMU [01/18 05:44]
いつも感想ありがとう。

アニメ一期はともかく、確かに原作での絡みが薄いカナと若菜さん。
カナが主人公してる当小説ではカナの掘り下げなど、オリジナルな部分でかなりやり尽くした感がしますが、若菜さんに関しても情報不足なのでオリジナルな描写が増えると思います。

……割と、重いかもしれんぞい。

屋田光一  [01/17 00:25]
更新お疲れ様です!

夏休み…最終日…宿題…うっ頭が…!

てっきり清十字団のほとんどがリクオに泣きついてこぞって訪れるのかとか予想してたんですがカナちゃん一人だった。(笑)
アニメ版でも奴良家に入ったことがあったけど、確かあの時妖怪たちは人間に化けて出迎えてましたね。一般からも人間の任侠一家と思われてたんでしょうな…。

そしてそこから若菜さんの話へとシフトチェンジ。普段ペカーっとして諍いに関与しないイメージだった若菜さんが立派な拳銃片手に応戦する描写は確かに衝撃だった…。(笑)

【返信】SAMUSAMU [01/18 05:40]
いつも感想ありがとう。
子供たちみんなのトラウマ、夏休みの宿題!

今回の話での若菜さんのイメージ、アニメ一期での彼女をそれとなく参考にしてます。
カナへの発言や、手作りドーナツを持ってくるところとか。

拳銃バーンって、いつも持ち歩いてんのかな? というか、珠三郎。一緒に風呂入ったぽいこと書かれてたし、無防備な風呂場で襲えばよかったんじゃねぇ? と思った読者はきっと自分だけではないはずだ!

苦労バラン  [01/15 15:47]
更新お疲れ様です。
これ奴良組の面々はカナのことリクオの幼馴染みで大切な人認識してて若菜さんはリクオの嫁の認識で見てる気がするぞ笑笑(下手にかみ合ったらリクオが春明にガチで滅されかねん。)
原作でも影が薄かった若菜さん、彼女とりはんの恋物語はどういう物だったのやら。

【返信】SAMUSAMU [01/15 19:02]
感想いつもありがとう。

今回の話で奴良組の面々がカナのことをどのように認識しているか、一応説明を入れてみました。
若菜さんのカナに対する認識は、アニメ一期の一話のセリフをそれとなく取り入れた結果です。

そして若菜さんと鯉伴の出会い話。
一話でまとめるつもりなので、ある程度省略はしますが……大事なポイントは抑えていきたいと思います。

カナちゃん投票の人 ID:1jjI.X62  [01/15 12:44]
若菜さんは百物語組で漸く活躍しましたしね。
ただしその活躍により読者の印象が大幅に変わる

【返信】SAMUSAMU [01/15 12:46]
懐に『アレ』を隠し持ってましたね。
さすがは極道の妻……。

ナナッシー ID:CQzwD91k  [01/03 02:02]
まだ闇堕ちタグを付けるには早すぎるかと。
復讐に心を喰われつつあるので修羅堕ちの範囲でございます。
闇堕ちは何らかの要因によって人道から外れて外道になる者を指すかと。わたしは思います。

【返信】SAMUSAMU [01/03 04:22]
了解しました!
先ほど修正を入れて『修羅』のタグだけ付けてきました!!

零菜  [01/02 13:30]
新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
そして年内の京都編完結おめでとうございます。

カナは幼馴染や友達と京都ぶらり出来てよかったね。まぁ、行けるところは少なかったけども…
カナはリクオにすべてを打ち明け緊張することなくいつも通りみたいだったけど、リクオはまだドギマギしてるかな?
リクオやほかの友達と別れ凛子先輩とぶらりするカナは京都の街並みの悲劇を見て悲しみ凛子先輩はやりそう…お兄ちゃんはその間何処で何を?

狂骨と再開して狂骨とお茶するカナ…いい絵だ!狂骨は羽衣狐とカナの仲を怪しみ嫉妬してたみたいだけどなんだかんだで仲良く出来そうだよね。

狂骨はリクオ達より早くカナの狂気を知ることに…妖怪を相手に畏れさせるとは…恐ろしや…

カナは約束な女の子と再開していつも通りに狂気を鎮めてたけども、その心のうちはいかに。

新幹線ではリクオとカナは2人並んでたんだね…お兄ちゃん何処行った?てっきりリクオは宝船で行きも帰りも同じだと思ったよ。そしてカナはお兄ちゃんと帰るのかとばかり。

百物語編は春からですか…その前に番外編で日常生活を?面白そうですね。お互いに秘密を知ったリクオとカナの日常や、お兄ちゃんとリクオ達の絡みもあればなお面白そう。

また、次回も楽しみに待ってます。

【返信】SAMUSAMU [01/02 20:13]
明けましておめでとうございます。
いつものパターンから年末に感想を頂けるかと思ってましたが、まさかの新年で少し驚きました。

さて、今回の話の内容。
前回の内容を考え、リクオにはどことなくカナを意識させてみました。まだ自覚はありませんが、以前よりも強めにカナのことを『ただの幼馴染以上』に思っていることでしょう。……自分の勝手な妄想ですが。

清十字団の出番が欲しくこのような展開にさせてもらいましたがその反面、尺の都合で春明の出番はカットしてます。多分、後のことを凛子に任せて花開院に止まっているか、先に東京に帰ったかもしれません。凛子に任せて……。

狂骨との絡み、ぶっちゃけこれ以上広めるつもりはありませんが……機会があれば狂骨は再ピックアップしたいキャラですね。
いずれは訪れるであろう、羽衣狐復活の時にでも……。

番外編はそこまで長々とやるつもりはありません。
二、三話やったあとに『百物語編』をスタートする予定です。まあ、雪が溶けた春頃には始めたいですね。

今年は……さすがにまだ始まってもいない百物語編を完結させると宣言はできませんが、千年魔境編より長くするつもりはなく、テンポよく進めたいとは思っています。

改めて、今年も宜しくお願いします!!

屋田光一  [12/27 16:27]
年内での京都編完結、お疲れ様でした!

改めてリクオと互いに知らなかった事情を語り合い(周りに一部誤解されてちょっとニヤニヤしてましたw)肩の荷を下ろし、約束した女の子とも再会、そして清十字団とも無事合流(清継にとっては悲惨な結果ですがw)などなど安心できる描写もある中で、肉体にも精神にも異常の片鱗が見え隠れするカナちゃん…!
ちょ、ヤバいよこれ…狂骨すら畏れる闇抱え出してるよ、不穏な空気流れてるよ、何とかしてよリクえもーん!春えもんでもいいからー!

【返信】SAMUSAMU [12/27 20:09]
感想ありがとう。何とか年内で書き上がりました。

リクオとの語り合い、女の子との再会、清十字団との交流。そういった光の部分が輝けば輝くほど、闇の部分が際立って見えるかと。
カナの肉体と精神、これからも……しっかりと描写していきたいと思ってます。

来年もよろしくお願いします!

カナちゃん投票の人 ID:Vxv4YY3M  [12/27 11:22]
ヤバい…ヤバいよぉ…。カナちゃんが闇に呑まれつつ呑まれつつあるぞ…。
これは来年には闇堕ちカナちゃんという中々に胃痛案件になってしまう!
Twitterとか2chの豚共からえげつない事をされて、リクオが虐められて闇が濃くなってしまう!!

【返信】SAMUSAMU [12/27 20:02]
せっかくなので、タグに闇堕ちを付けてみました!
これで少しでも読者が増えればと思ってます!

YFY  [12/27 00:12]
京都編完結おめでとうございます!

カナやリクオ達が死闘を繰り広げたとも知らず、相変わらずな清継君はじめとする清十字の面々。原作だとカナも知らない側だったんですもんね。
カナがヒロインレースについて行け無かったのは、この人気があった京都編で出番無かったのが痛かったんですかね。

それはそうと、見た目と実年齢が逆なカナと狂骨のガールズトーク。
私は好きです(切望)
そのうち、つららや凛子とのガールズトークも見たいです(切望)

そして、多少落ち着いたとはいえ、にじみ出るカナの狂気。
リクオー!、つららー!、春明ー!、早く気づいてくれー。

京都編完結本当にお疲れ様です!
自分がこの作品を読み始めたのは、京都編中盤からですが更新を毎回楽しみにさせて貰っています。
これからも応援続けるので頑張って下さい!



【返信】SAMUSAMU [12/27 20:01]
いつも感想ありがとう。

原作のカナは……本当に京都編では全く出番がありませんでしたからね。その一方で、つららは『囚われのヒロイン』になったりと何気に優遇されすぎてた感がしてた。この扱いの差が、この小説で少しでも埋まればと思います。

カナ&つらら&凛子&◯◯さんでガールズトークはやる予定です。◯◯が誰かはまだ秘密ですが。

日常を普通に送りつつも、確かにその狂気は彼女の内側に……果たしてカナを救うのは誰か?

途中からとはいえ、自分の小説を見つけてくれてありがとうございます。
原作での一番人気、千年魔京編が終わってしまいましたが、今後とも応援よろしくお願いします!

鉄龍王  [12/25 22:34]
更新お疲れ様です。そしてお久しぶりです。

読ませていただきました。まず清継君の妖怪に対する凄まじい情熱、周りの仲間が呆れる程のポジティブさ、そして笑え…否、同情するほどの運の無さ。これが彼の持ち味なのかなと感じたシーンでした。今さらですが、清継って、ぬら孫ではムードメーカーに分類するキャラなのでしょうか?

カナと狂骨とのお茶会。端から見れば大人として背伸びしようとする小さな女の子を優しく見守る中学生という図ですが、実際はカナ(年下)からデザートを奢って貰ってる狂骨(年上)という図なんですよね。

妖怪の狂骨すら畏れる人間のカナの狂気。今後どうなるか楽しみと不安が半々です。

現時点ではカナの異常に気付いているのは、ゆらと秀元と狂骨の3人だけ。リクオやつららはいつ気付くのか………

【返信】SAMUSAMU [12/26 04:19]
お久しぶりです、感想ありがとう。

冒頭から清継の奇声で始まりました今回。
本当に、清継くんは描いている側から見てもムードメーカーで場の空気を明るくするに長けた貴重な存在です。
カナの心が知らず知らずに荒んでいく中、数少ない笑いどころを清継くんは提供してくれるでしょう。

狂骨とのお茶会は、狂骨の方に出番が欲しくて書かせていただきました。
過去に人間の陰陽師をビビらせた彼女が、人間であるカナの狂気にビビるというシーン。

他の人々がカナの狂気に気づくのは……当分先かと。
それまでは、静かに心の内側にカナは自身の憎悪を溜め込んでいきます。


1 2 3 4 5 6 NEXT >>



◆感想を書く
内容※10~5000字


感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。


[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析