ハーメルン
古明地さとりは覚り妖怪である
作者:鹿尾菜

古明地さとりは悟り妖怪である。
それは当たり前であり普通でありこの幻想郷でも変わらないことである。

でも一つだけ……一つだけ当たり前でない事があったら、他とは決定的に違ったナニカがあったらどうだろうか。
それは本当に正しい姿なのか。間違った姿なのか



これは私…自称普通とは違う古明地さとりの日記というか伝奇というかそんな感じのものである。
まあ記録といったほうがいいでしょうかね。

「おねーちゃーん!何書いてるの?」

「ふぇ⁉︎こ、こいし、何見てるの!あ、コラ!やめなさい‼︎」




【挿絵表示】

画像はカラーユさんに描いていただきました。

そのほかの挿絵はdepth.11、14、18、25、27、34、40、58、90、120、128、158、202番外編3にあります。
~目次~

[1]次 最初 最後
第1部 悟
◇depth1.さとりはプロローグだと思いたい。
◇depth2.さとりはマイペースだと自覚している?
◇depth3.酒飲んだらなにも思い出せないと言うことを思い出したさとり
◇depth4.さとりの知らない小話
◇depth5.だからさとりは危ない
◇depth6.結局さとりは人である
◇depth7.さとりは狩りが得意なのか
◇depth8.さとりは自分にできることしかやらない
◇depth9.さとりの家事情は考慮されない
◇depth10.閑話と連行
◇depth11.さとりと鬼と少しの戦い
◇depth12.さとりは無意識なのか
◇depth13.秋とさとり妖怪は混ざらない
◇depth14.続、さとりと鬼と少しの戦い
◇depth15.雪の日のさとりはどんよりするのか?
◇depth16.さとりのパーフェクトでもない越冬教室
◇depth17.さとりは臆病なのか
◇depth18.さとりと姫と
◇depth19.貴族って面倒いよねって思いたいさとり
◇depth20.さとりとお月見(下準備篇)

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析