ハーメルン
幼女の影に這い寄る紳士はペドフィリア
作者:(((((└(:D」┌)┘)))))))

傾注!このSSでは、我らがターニャ・デグレチャフ殿の傍にロリコンがいる。彼は帝国でも生粋の紳士だ。ああ、しかし諸君、案ずる必要はない。決して彼女は絆されることがないとここに宣言しよう。彼はTS幼女の気配に吊られ転生した愚か者である。たとえ有能さを示し、高い忠誠心を誇る肉壁と認められようとも、それ以上になることはあり得ない。懸念があるとすれば……彼と存在Xにより原作が歪む可能性だ。存在Xと思しき存在は全智を自称しながら原作の全てを把握していないと参謀部から情報が入っている。んグァッ!?(###存在υにより洗脳されました###)まあ、これは余談だな。すまない、今の話は忘れてくれたまえ。さて、諸君。諸君が本作を読むのであれば、帝国紳士を目指さねばならない。もし諸君らが平穏な日常を手放せないならば辞退するといい。………フッ、愚問であったな。この場には既に帝国紳士しかいなかったようだ。であるならば、諸君、準備は良いな。さあ、我らが帝国紳士達よ!幼女の下へ、いざ征かん!!

誠に勝手ながらリメイクします。本当にすみません。
~目次~

◇ロリコンはタダでは転生しない。オプションに幼女を所望する。
◇ターニャちゃんのレイプ目で今日もレーションが美味い
◇ありし日の孤児院
◇狂気胎動

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析