ハーメルン
リヒテンラーデの孫
作者:kuraisu

帝国歴四八九年、憲兵総監ウルリッヒ・ケスラー大将は憲兵隊の綱紀粛正を行なっている最中、前任の憲兵総監が隠蔽していたあることを知る。
前帝国宰相リヒテンラーデ公の孫であり、警察総局局長であった青年貴族が実は死んでおらず、いまだ逃亡しているというのである……

らいとすたっふルール2015年改訂版にしたがって作成されています

~目次~

[1]次 最初 最後
帝国暦四八九年
◇プロローグ・帝国宰相府にて
◇プロローグ・潜むものたち①
◇プロローグ・潜むものたち②
◇帝国のジャーナリズム
◇廃墟と残骸の怨念
◇黄金樹のはらわた①
◇黄金樹のはらわた②
◇亡命政府構想①
◇亡命政府構想②
◇亡命政府構想③
◇内国安全保障局
◇数百年に一度の大喜劇
◇フェザーン占領
帝国暦四九〇年
◇登場人物紹介
◇今後の展望
◇疑念
◇幸運・不運・非常識・予測不能
◇三月兎亭の一時
◇ブルヴィッツの虐殺①
◇ブルヴィッツの虐殺②

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析