ハーメルン
南端泊地物語―草創の軌跡―
作者:夕月 日暮

偶然選ばれた凡人は、身命を賭して泊地を創り上げた――。

事故でショートランド島に流れ着いた男は、深海棲艦に襲われたところを艦娘・叢雲によって救われる。
右も左も分からない状況の中、海上封鎖で困窮する人々の力になるため、男は迷いながらも『提督』として艦娘と共に深海棲艦と戦うことを決意する。
しかし、そんな彼の下に集う艦娘たちはいろいろと悩み・問題を抱えていて――。

これは、平凡な中年提督が艦娘たちと向き合っていく、少しだけ戦記風の物語。

2017/8/27: 本編完結しました。
2018/1/1: 副題を追加しました。

●叢雲・提督のイメージラフ

【挿絵表示】


※作者の他の艦これ作品と世界観を共有しています。
※感想・評価お待ちしております。お気軽にお送りください。
※本作品は pixiv でも公開しています。
※同一世界観の「南端泊地物語―戦乱再起―」「S泊地の日常風景」もよろしくお願いします。
~目次~

[1]次 最初 最後
序章
◇第一条「一人で出来ないことは協力して事に当たれ」
◇第二条「結果を出すために必要なことはすべて評価せよ」
◇第三条「失敗や喪失を恐れるなら無理をするな」
◇第四条「過ちをなかったことにしてはいけない」
第一章「決戦!鉄底海峡を抜けて!」(第六戦隊編)
◇第五条「不安なときに相談できる相手を持て」
◇第六条「決断したことは成否を語らず行動で示せ」
◇第七条「恐れと失敗を知ったならそこから更に進め」
◇第八条「挑戦と成長は生ける者にのみ許される」
第二章「迎撃!霧の艦隊」(長門・武蔵編)
◇第九条「己が納得できないことはするものではない」
◇第十条「任せることにも責任は伴う」
◇第十一条「相手には相手の考えがあることを忘れるな」
◇第十二条「理解せずとも並び立つことはできる」
第三章「提督と艦娘」(瑞鳳編)
◇第十三条「規則正しい生活を心掛けよ」
◇第十四条「人に怒りを向けられたらまず省みよ」
◇第十五条「正しい行いは誰かが認めて正しくなる」
◇第十六条「伝えたいことは口に出さねば伝わらない」
第四章「索敵機、発艦始め!」(利根・ビスマルク編)
◇第十七条「語りかけるなら相手を見て語りかけよ」
◇第十八条「先のことは分からなくとも考えよ」
◇第十九条「命の使いどころなど考えるものではない」
◇第二十条「大事なのは行いではなくそこで得たものである」

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析