ハーメルン
Fate/erosion
作者:ロリトラ

―――その杯を手にした者は、あらゆる願いを実現させる。

聖杯戦争。

最高位の聖遺物、聖杯を実現させるための大儀式。

儀式への参加条件は二つ。 魔術師であることと、聖杯に選ばれた寄り代である事。

選ばれるマスターは七人、与えられるサーヴァントも七クラス。

聖杯は一つきり。

奇跡を欲するのなら、汝。

自らの力を以って、最強を証明せよ。


嘗てそのような謳い文句で数々の魔術師や国を引き込んだ極東の地、冬木の魔術儀式である聖杯戦争は第三次で勝者不在のままにナチスによる聖杯の奪取という形で幕を閉じた。

それにより広まった聖杯の作り方により出来上がった紛い物の聖杯戦争、即ち亜種聖杯戦争。


ーーーこれは、その冬木とは別の極東の地で行われる全てを蝕む紛いものの毒の器。邪な魔女に作りあげられし世界を染め上げる悪しき聖杯にまつわる物語である。


故に冬木の聖杯戦争の謳い文句はあてはまらない。


ーーー奇跡を欲するのなら、汝。

自らで全てを侵し、奪い取れ。





※本作はFate/Apocryphaの聖杯大戦後の世界観をお借りした完全オリジナルの亜種聖杯戦争を書く二次創作です。
既存の型月作品のキャラクターは直接登場することはありません。

※基本的には型月世界の設定に沿っていますが、あちこちにオリ設定や自己解釈などを含むため苦手な方はブラウザバックをお願いします
~目次~

[1]次 最初 最後
◇簡易設定
第1章 聖杯戦争、開幕
◇プロローグ
◇0日目/いつもの朝、いつもの学校
◇0日目/守掌市都市伝説
◇0日目/ゴーストウォッチャーズ
◇幕間/魔女談笑
◇1日目/運命の夜
◇1日目/VSカニバルボーイ
◇1日目/install
◇幕間/鬼の晩餐
第2章 かくして愚者は踊り演じる
◇1日目/ますたぁに捧ぐ基本授業
◇1日目/ロリータ・ショック
◇1日目/パンケーキ・パニック
◇1日目/開幕
◇1日目/妖しき毒は呪いのように
◇1日目/さぁ、聖杯戦争をはじめましょう
◇幕間/ランサーvsアーチャー
◇1日目/三日月の獣
◇1日目/シスターズ・キック
◇幕間/人狼蹂躙

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析