ハーメルン
ヴィヴィオはそれでもお兄さんが好き
作者:ペンキ屋

高町ヴィヴィオにはとてもよく慕うお兄さんと呼ぶ青年がいた。

かつて彼女救い、その代償で青年が失った物は少なくない。

仕事、友情、信念……そして自らの手や足。

これは、そんな物を失った青年が自分の信念を取り戻すまでの物語。




~目次~

◇第1話【ヴィヴィオとお兄さん】
◇第2話【ツンデレなお兄さん】
◇第3話【戻れない過去】
◇第4話【異変の前兆】
◇第5話【声】
◇第6話【覚醒兆候】
◇第7話【絶対領域】
◇第8話【黒幕】
◇第9話【霧の中の過去】
◇第10話【壊れた平和】
◇第11話【変異種】
◇第12話【ハゲと怠惰と失われた花園】
◇第13話【止められない想いと復讐】
◇第14話【散った恋と弟子心】
◇第15話【すれ違う想い】
◇第16話【眠れる足のアリス】
◇第17話【認識の先に】
◇第18話【少女の悲願】
◇第19話【大気を破る拳】
◇第20話【動き出す過去と未来】

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析