ハーメルン
あなたが手を引いてくれるなら。
作者:コンブ伯爵

軍学校をトップで卒業した人間、鞍馬 翔。

軍学校を最下位で卒業した艦娘、電。

二人は日本の端の第七鎮守府...

────元ブラック鎮守府に着任する。

かたや大切な人を亡くし、

かたや生まれながらに光を失っていた二人。

後に世界を救う鎮守府生活が、始まる...







※基本ほのぼのシリアス比率は6:4です。
※第五章はかなりシリアスな内容です。
※オリジナル艦娘は六章だけ出演します。
※前・後書きの内容は本編と関係ありません。
※1話1話、書き貯め無しの投稿です。
※お付き合いいただけると嬉しいです。
~目次~

[1]次 最初 最後
1章 着任は殺伐とした空気とともに
◇1話 大本営招集
◇2話 元帥の頼み
◇3話 もぬけの殻
◇4話 復旧の種まき
◇5話 夜の闇に紛れて
◇6話 いらない艦娘
◇7話 春雨とお出かけ
◇8話 あなたが手を引いてくれるなら。
◇9話 ほのぼのご飯回...?
◇10話 釣り糸で繋ぐ絆
◇昔話・ある日の翔と電
2章 戦いは一本の剣とともに
◇11話 鎮守府改装・戦いの予感
◇12話 翔の作戦
◇13話 回想・最強の劣等生
◇14話 回想の終わり、戦いの始まり。
◇15話 海を舞う黒剣
◇16話 勝者の要求
3章 日常は偶然とともに
◇17話 異邦人の漂着
◇18話 夜勤の誘い
◇閑話 キャラ設定・第七鎮守府編

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析