ハーメルン
BARグラズヘイムへようこそ
作者:taisa01

第二次世界大戦がはじまって間もないドイツのベルリン。
まだ戦火は遠く、人々の生活は賑わいを持っていた。
そんな街角に、小さなBARが一つ。

そこは古びれた店の外見によらず上手い酒とつまみを出す店だった。

そんな店に今日も客が訪れ、ひと時の安らぎが提供される。



*********
祝DiesIreaアニメ放送

ということで黒円卓の面々を掘り下げるお話を一本書きたいとおもいます。
いつも通り飯テロ狙いで進行いたします。


謝辞)
本作執筆にあたりドイツ料理の希少な蔵書を公開いただいた地元図書館に感謝。
てかなんであるんだよというほど、見たこと無いモノが多数あり。

ジビエ専門書(各種鳥、鹿、ウサギ、いのししなどの解体写真付き)とか、修道院ハーブレシピとか、ドイツ語のメニューサンプル?とか参考になるわ~



注意)
本作のバーテンダーは、前前作「BARナザリックへようこそ」のバーテンダーと関連あり。
https://novel.syosetu.org/68736/
~目次~

◇第一話
◇第二話

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析