ハーメルン
もしも八幡とあーしさんが運命の赤い糸で結ばれていたら
作者:しゃけ式



「人間とは、自分の運命を支配する自由な者のことである」



2人は運命に気付いたとき、果たしてその糸を手繰るのか。



~目次~

[1]次 最初 最後
Main
◇1話
◇2話
◇3話
◇4話
◇5話
◇6話
◇7話
◇8話
◇9話
◇10話
◇11話
◇12話
◇13話
◇14話
◇15話
◇16話
◇17話
◇18話
◇19話
◇20話

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析