ハーメルン
もしものネギ先生
作者:...

 もしネギ君が父親への尊敬やらなんやら以外も自覚していたら。
~目次~

◇過去の情景
◇ネギ先生
◇魔法使いネギ
◇京都へ
◇修学旅行と暗い影
◇最初の決闘
◇そして本山へ
◇夢の様な世界
◇白髪の少年
◇ネギという少年
◇激突
◇影なる自分
◇正体
◇決意

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析