ハーメルン
緋色の羽の忘れ物
作者:こころん

HLで本屋と便利屋を営むコルネリウスには悩み事がある。一日の半分ほど吸血鬼となる特殊な身体。共に断片的だが、無くした記憶と、何故か持っている誰かの記憶。あらゆることが実現する街であっても、一筋縄ではいかない難題であった。

※資料は原作と小説版、公式FBのB5です。
~目次~

[1]次 最初 最後
第一章 霧烟る街での処"生"術
◇第一話
◇第二話
◇第三話
第ニ章 探し物と拾い物
◇第四話
◇第五話
◇第六話
◇第六・五話
第三章 境界都市の新入生
◇第七話
◇第八話
◇第九話
第四章 恋する災害
◇第十話
◇第十一話
◇第十二話
第五章 蛇の頭
◇第十三話
◇第十四話
◇第十五話
第六章 あるいは蠱毒であり
◇第十六話
◇第十七話
◇第十八話
◇第十八・五話

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析