ハーメルン
不本意ながらラッキースケベの代名詞と仲良くなりました
作者:二本脚

彼は転生したのか、或いは現地人なのか。
それは誰にも分からない。本人にだって分からない。


大体ゆるめに、時々マジメに。
シュールでフール、稀にクールな語り部と共に進む「ToLOVEる」の世界。
全ては(恐らく)日本一有名なラッキースケベ野郎を幸せにする為に。


タイトル変更の可能性あります
~目次~

[1]次 最初 最後
中学三年生 秋〜(原作開始前)
◇#1 仮面ライダー(ヒーロー)なんていない世界で
◇#2 洞爺湖と支笏湖、どこで差がついたのか…慢心、環境の違い
◇#3 蝶の羽ばたきは台風になるか?
◇#4 ニュータイプ特有の肉体言語
◇#5 卒業、学生気分、傍観者気取り
高校一年生 春
◇#1「うちの子なら765プロの中の人全員言えるよね?」
◇#2 今こそ、決断美のとき!
◇#3 それは私のおいなりさんだ
◇#4 ものひろいで制服を拾う確率
◇#5 今のはガバだよガバ
◇番外 松田ヒロの一人語り
◇#6 ララ、校区に立つ
◇#7 エロ同人みたいに!
高校一年生 夏
◇#1 初夏の彩南
◇#2 祭りダドンドコドン!!(臨海学校1日目)
◇#3 松田バカヤロウ劇場(臨海学校2日目)
◇#4 数学コケるのは大体三角比から
高校一年生 秋
◇#1 文化祭・上 奇人と貴人が出会う時、何かが始まるかもしれない
◇#2 文化祭・中 信用できない男
◇#3 文化祭・下の上 vs主人公

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析