ハーメルン
沈め掻臥せ戦禍の沼に
作者:皇我リキ

ドンドルマ周辺にて、広範囲に及び火薬盗難被害が相次いでいた。

厳重な倉庫に保管されていた火薬も、その倉庫を破壊してまで盗まれている。
しかし、盗まれたのは火薬のみで他の物には手がつけられていない。さらに現場には謎の黒い液体。

そんな不可解な事件が後を絶たなかった。


これは、かの龍と百人の英雄の物語。


───沈め掻臥せ戦禍の沼に。
~目次~

◇巨戟龍
◇たった一人の英雄
◇偶然か必然か
◇古龍の先駆け
◇剣斧舞う
◇英雄たる資格

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析