ハーメルン
ガーベラに寄り添うネリネ
作者:勿忘草

護廷十三隊所属隊士:斑鳩(いかるが)(たける)
『秀才』と呼ばれる青年の物語。

物語の振り子は古き時を刻む。
前へ前へ進む中で青年がいかに変わるのか。
いかに関わり、足跡を残すのか。
これは現在まで続く遠い昔の物語。
~目次~

[1]次 最初 最後
設定
◇『人物紹介 - Parsonal Data- 』
『第1部:尸魂界過去編』
◇『邂逅 - First Contact -』
◇『給金 - Salary -』
◇『掌 - Tender Heart -』
◇『会話 - Speak -』
◇『貴族 - Noble -』
◇『固辞 - Decline -』
◇『掃除 -Sweep-』
◇『名誉 - Honor - 』
◇『出会 - Meet -』
◇『重 -OverLaid- 』
◇『不運 - Unlucky-』
◇『称号 - Degree- 』
◇『告白 - Confession -』
◇『笑顔 -Smile-』
◇『指輪 - Ring - 』
◇『隊長 - A Commander -』
◇『本音 -True Call-』
◇『嫉妬 - Jealousy-』
◇『式典 - Selemony-』

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析