ハーメルン
なにも知らない転生者がカードキャプターさくらの世界で活躍させる物語(仮)
作者:極麗霊夢

突然ながら死んで神様に転生させてあげると言われた。
なんでもその世界には『魔法』があるらしい。
なら戦士になって冒険者しようと願うも、、、

「ちょっと待った……冒険者? え、なんで? 普通魔法使いとかじゃない? いや、そもそも冒険者とかないから、魔法がある世界ね」

と言われてあえなく断念。
仕方なく魔法使えるようにとは言ったけど、オレが居た世界より1世代前の世界てなによ……。






※タイトルは仮です。 相応しいタイトルが思い付いたら変えます。
~目次~

[1]次 最初 最後
クロウカード編
◇第一話 転生者は何も知らない
◇第二話 さくらと安倍晴明の子孫
◇第三話 怪我したカード
◇第四話 プールに潜む曲者
◇第五話 夏祭りと『幻』のカード
◇第六話 運動会
◇幕間 青玉と桃
◇第七話 転入生登場
◇第八話 バレンタインデー
◇幕間 バレンタインチョコ
◇第九話 大魔法使いとの邂逅
◇第十話 あなたは誰の子?
◇第十一話 大事な大事な大切なもの
◇第十二話 動物園で綱引き
◇第十三話 親戚来襲
◇第十四話 大きな迷路
◇第十五話 祐介と知世と不思議な本
◇第十六話 臨海学校と秋祭り
◇第十七話 月と太陽の……
◇第十一話 『月』と『災い』について

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析