ハーメルン
時の女神が見た夢
作者:染色体

時の女神に愛された男、ブルース・アッシュビー。

彼は第二次ティアマト会戦での大勝後、政界に転身し、歴代最年少の最高評議会議長として同盟初の帝国領侵攻作戦を指導した。
帝国領でも連戦連勝した同盟軍であったが、アッシュビーの突然の死によって撤退を余儀なくされた。
アッシュビーによって始められた伝説はその死によって終わりを告げたが、歴史の歯車が完全に元に戻ることはなかった。

そして、宇宙暦796年/帝国暦487年、新たな伝説が始まろうとしていた。


「らいとすたっふルール2015改訂版」に従って作成されています。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇第一部 前史(歴史の転換点)
◇第一部 1話 アルタイル星域会戦とその影響
◇第一部 2話 連合領防衛作戦
◇第一部 3話 アイゾール星域会戦
◇第一部 4話 戦いの後
◇第一部 5話 策謀
◇第一部 6話 新たな英雄
◇第二部 1話 連合の方針と初戦
◇第二部 2話 帝国の内乱
◇第二部 3話 魔術師の帰還
◇第二部 4話 英雄を倒すために
◇第二部 5話 その星の名
◇第二部 6話 ヤヴァンハール星域会戦
◇第二部 7話 来るべき時のため
◇第二部 8話 本懐
◇第二部 9話 内乱の終わり
◇第二部 10話 胎動
◇第二部 11話 異なる星を見ている
◇第三部 1話 それぞれの思惑
◇第三部 2話 フェザーンの長い一日

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析