ハーメルン
退屈な日々を忘れたい俺がなぜバンドの手伝いをしているんだ......
作者:haru亜

同じ景色、同じ他人、同じ感情、全てが同じに感じるこんな俺の見てる世界、みんながみんな、同じような会話をして楽しんでいる世界。
実に退屈だ。
そんな退屈な日々を忘れられるような日々をもう一度送りたい。
これはそんな彼と歌姫達が創るバンドの物語





~目次~

[1]次 最初 最後
◇主人公のぷろふぃーる
第1章 歌姫と手伝いと少女達の物語
◇第0話 プロローグ 出会いの予兆
◇第1話 歌姫と共に
◇第2話 音と才能と俺の過去
◇第3話 不可能を成し遂げる者達
◇第4話 猟奇殺人
◇第5話 今こうして生きてる
◇第6話 ライブ対決
◇第7話 昼と夜と互いのすれ違い
◇第8話 正直な気持ち
◇第9話 そういえばこんな行事があったなぁ…
◇第10話 修学旅行ってこんなに大変だったかなぁ
◇第11話 最後の最高ライブイベントになるかもな
◇第12話 大丈夫
◇第13話 ありがとう
第1.5章 番外編 〜Roselia〜
◇番外編第1号 前編 失われた『Roselia』
◇番外編第1号 後半 『Roseliaの』
第2章 剣と歌姫
◇第1話 こんなの鬼畜ゲームだろ……
◇第2話 ボス攻略会議
◇第3話 温もり

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析