ハーメルン
銀の匂いのするワイン
作者:homura1988

えーっと、去った6/2がですね
【ローズの日】
【ロープの日】
【裏切りの日】
【イタリアワインの日】ということで

それなんてカランドロ×レルゲンなのだと、思いまして。でもローズの日もあるからビアント×レルゲンでもある。ってわなわなしていたらもう書くしかなかったんです。

ってことで、エロはありませんが
カランドロ×レルゲン←ビアント的な内容です。
書籍7巻終わりで講和が却下された後、8巻でレルゲンさん一切出てこなかったので、きっとカランドロさんにあれやこれやされているんだろうな、という妄想に時空を歪ませてビアントさんを登場させました。
ええ、腐向けですご注意を。
~目次~

◇銀の匂いのするワイン

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析