ハーメルン
ウェルフなる旅人の帰路
作者:揚げやきとり

とある旅人は、自らを狼であると言った。
ウェルフ。それがその者の名であって、どの街の住人もその名を知らなかった。
過去の記憶を求めて旅を続け、時に美食を探し、時に美術に触れ、ついには……。

旅を通し、旅人は“人間“の感情の深い部分を見るのだった。


―――――
毎週月曜更新・一部分投稿(前/後編)。

他サイトでも掲載しております。
感想は小説投稿サイト『カクヨム』への投稿のみ返信させて頂きます。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/works/1177354054886058189
小説家になろう
https://syosetu.com/usernovelmanage/top/ncode/1247627/
Pixiv
https://www.pixiv.net/series.php?id=977207
ハーメルン
https://syosetu.org/novel/160053/

―――――
~目次~

◇Prologue 汽笛の響く谷間
◇一話前半 夢戻り、街踊り
◇一話後半 乱舞は静かに狂う
◇二話前編 隠れ岩の町、削れ岩の太刀
◇二話中編 削れ岩の尾踏まれ犬
◇二話後編 犬狩り狼
◇三話 茜色の息吹
◇四話前編 夕暮れの匂いのする街
◇とある街道での筆記
◇四話後編 雷鳴の刻、街道にて

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析