ハーメルン
四肢人類の悩み【本編完結】
作者:佐藤東沙

盲人の国では片目は王様。ならば両目の国の片目とは。
見えているのだから変わりはないのか、足りぬのだから同等ではないのか、それとも――――?

亜人の世界に転生してしまった「人間」は、両目の国の片目になり得るか。

本編完結・後日談連載中。


【挿絵表示】

主人公は大体こんな感じの、死んだ魚の目系女子。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇01話 『人間』の定義ってなんなんだろう
◇02話 文武両道っていうけれど、実際にはなかなか難しいよね
◇03話 子供のあのパワーはどこからくるんだろう
◇04話 人魚は魚類じゃなくて哺乳類です
◇05話 全ての教育は洗脳である、って誰が言ったんだっけ
◇06話 なんで勉強しなくちゃいけないんだろう、って誰でも一度は考えたよね
◇07話 南極人の真実は結局謎なのかな?
◇08話 人が恋に落ちる瞬間を見てしまった
◇09話 喫茶店とカフェの違いは、って聞かれてもパッと出てこないよね
◇10話 両棲類人って全然両棲類じゃないらしいよ
◇11話 馬に乗ってなくても流鏑馬って言うんだって
◇12話 魔法少女と民主主義に、一体どんな関係が?
◇13話 元日は一月一日で、元旦はその日の朝の事なんだって
◇14話 妹、来たる
◇15話 過去は思いもよらない所からやってくるものなんだね
◇16話 変態と子供は、混ぜるな危険だったんだね
◇17話 四方山話の山は、どこから来たのか不思議だよね
◇18話 アイドルは元々崇拝対象って意味だから、南極人にはピッタリなのかも
◇19話 良くも悪くも、親子は似るもの
◇20話 最近の怪獣は、頭脳派だったんだね

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析