ハーメルン
俺は君のちっぽけな守り神
作者:時雨。

俺はさ、きっとみんなを守るヒーロには成れないよ。

だから俺はみんなを守るヒーローのヒーローに成る。

俺みたいな奴に守れるのなんて、精々一人か二人が精一杯だからさ。
~目次~

◇ヒヨコ弁当な俺と無口な君
◇ハードな試験と個性的な彼
◇無色な私と極彩色なあなた
◇個性把握テストとそれなりな俺
◇チートな彼女と握りつぶす俺
◇途方もない悪意の塊と未だ雛鳥ですら無い僕ら
◇アドレナリンどばどばな彼とクリクリお目目な彼女
◇見つけた俺と気づいた君
◇歩みだす君と愉快なおっさん達
◇ガッツポーズな君と垂直落下な俺

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析