ハーメルン
たまにはアーデさん家のリリルカさんが強くてもいいじゃない
作者:ドロップ&キック

ふと、今まで書いたことのない題材で書いてみたくなり勢い任せで執筆しました。
結構、流血過多だったりグロかったりエグかったりおバカだったり暴走したりしそうな気はしますが、生暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

一応、短編。とりあえずベル君と出会うまでがゴールかな?


2018/8/24、第05話を投稿&二桁話数の目処が立ったので、短編から連載に切り替えます。




~目次~

◇第01話:”アーデさんが鈍器振り回してもいいじゃない”
◇第02話:”アーデさんがちょっぴりダークでもいいじゃない”
◇第03話:”アーデさんのスキルが原作と微妙に違ってもいいじゃない”
◇第04話:”アーデ夫妻が想定以上にクズでもいいじゃない”
◇第05話:”アーデさんが肉食系(物理)でもいいじゃない”
◇第06話:”ローガさんに『ありえたはずの現在』があってもいいじゃない”
◇第07話:”ローガさんが英雄でもいいじゃない”
◇第08話:”ローガさんが『導きし狼』でもいいじゃない”
◇第09話:”アーデさんとリオンさんの出会いがダンジョンでもいいじゃない”
◇第10話:”アーデさんがリオンさんの『共犯者』でもいいじゃない”
◇第11話:”たまにはルストラさん視点があってもいいじゃない”
◇第12話:”アーデさんの呪文が変でもいいじゃない”
◇第13話:”アーデさんがややチートっぽくてもいいじゃない”
◇第14話:”少しだけ寂しい神様と少女の寓話を挟んでもいいじゃない”

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析