ハーメルン
黒き幻想たる少年、幻想郷に立つ
作者:KuroSaki

「これは僕がもたらした物語である――」

私の考えた最強最終の主人公黒崎ハクトが幻想郷でやんちゃするお話。それ以下でもそれ以上でもなく。

「果たして――彼は僕に辿り着けるだろうか……」
~目次~

◇黒き少年の日常と妖怪たらしと呼ばれる所以1
◇黒き少年の日常と妖怪たらしと呼ばれる所以2
◇黒き少年の日常と妖怪たらしと呼ばれる所以3
◇黒き少年の日常と妖怪たらしと呼ばれる所以4
◇黒き少年の日常と妖怪たらしと呼ばれる所以5
◇閑話:こころちゃん、ルーミアちゃんとお喋りする
◇通話:サダメによる報告

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析