ハーメルン
響だよ(中身別人)、その戦いぶり(近接が主)から不死鳥(捨てられた小鳥レベル)の通り名もあるよ
作者:ヴェルヌイ

ぼっちな響(中身別人)が無人島で目覚め、いつかいつの日か卯月や長月を愛でるのを目標に陸や海を駆けるお話。
~目次~

序章
◇神よ、急にこんなとこに放り出して私にどうしろと?
西方初進撃!欧州救援作戦
◇神よ、響の姿になって近接武器を作る羽目になるとは思わなかった
◇神よ、私は雑魚と言われていたイ級を嘗めていたようだ
◇神よ、新しい近接戦闘武器を作りたかったのだが私に加工の技術をくれ
◇神よ、『俺/私』に危機に陥っている仲間を救うだけの力をください
◇幕間:鎮守府にて
◇神よ、私は欧州棲姫とは戦ったがそんなに戦闘経験はないのだ
◇神よ、私の眼前で頂上戦争みたいなのが起こってるけど私は死なないよね?…………あっ
激戦!鉄底海峡を駆け抜けて
◇神よ、いつからこのバッジに妖精さん(特殊なやつ)が宿っていたのだ?
◇幕間:とある泊地での会話
◇神よ、あの島の近くの海がすごく赤茶色になってるんだが何か知らないか?
◇神よ、気付けば海の上に立ってたんだけどちょっと様子がおかシイとオモうナ?
◇カミヨ、フタツニワカれタここロを一つに引き合わせてください
◇爆ぜし一撃、海色に融けて【海上side】
◇爆ぜし一撃、海色に融けて【精神side】
その名は信頼!響の新たなステップ
◇艦娘との再開
◇新たな姿
◇信頼の名は伊達じゃない、行くよ!
◇唐突だがキャラ等の設定集をやろうと思う。異議はあるかね?

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析