ハーメルン
彼女のゾイドと荷電粒子砲
作者:城元太

 部活見学会で出逢った彼女は、スマホに赤いアイアンコングの画像を貼り付けていた。ゾイドを介して交流するあいだに、赤いアイアンコングに込められた彼女の思い出が語られる。淡い想いを抱きながらも、近づけそうで近づけないもどかしさを感じながら、限られた高校生活の時間は着実に過ぎていった。
~目次~

◇①
◇②
◇③
◇④
◇⑤
◇⑥
◇⑦
◇⑧
◇⑨
◇⑩
◇⑪
◇⑫
◇⑬
◇⑭
◇⑮(最終話)

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析