ハーメルン
僕アカ×東方 〜私の個性はほぼ全キャラの能力〜
作者:響緑

私、穂稀っていうの。
この世界では『個性』というものがじゅうようされるらしいの。
人口の8わりが個性を持ち、個性を有効に使った仕事が存在するの。

それが【ヒーロー】。
 
そんな世界で私が本物のヒーローなるまでの物語。


*****

はじめましての人ははじめまして、お久しぶりの人はお久しぶりです。
響縁(きょうえん)と申します。
この作品は僕アカを見ていて、東方プロジェクトの個性があったらこうなるのかなーとか、そんな妄想から書き始めたものになります。
仕事が忙しく不定期気味になりますが、気長に待っていてください。
※二週間に一回もしくは、三週間に一回月曜日投稿予定。
※オリジナルや原作との違い満載です。
※感想には必ず返答させて頂きます。
※3000~3500くらいと読みやすい小説となっています。
※誤字脱字は多め(笑)です。


後、ツイッターを始めました。
支援絵とかは是非そちらに。
同じ名前です。
そちらの方の投稿は少なめ。

「」・・・会話
『』・・・東方キャラとの会話
《》・・・機械から出された声
〈〉・・・神との会話
[]・・・心の声
~目次~

[1]次 最初 最後
プロローグ
◇穂稀っていうの!
◇おじちゃん、誰?
◇商店街にて
◇入学試験
◇説明回1
遊英入学
◇入学式はないの?
◇体力テスト
◇対人戦前
◇対人戦
◇マスゴミ襲来?
◇後処理
◇敵襲撃
◇説明回2
◇破壊神降臨
◇過去話
◇父親死す?
◇秘密を知る者
体育祭
◇障害物競走
◇騎馬戦
◇決勝戦 一戦目

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析