ハーメルン
獅子心将軍リィン・オズボーン
作者:ライアン

激動の時代、後の世にてそう称される時代があった。
そして、そんな激動の時代に於いて運命へと射止められた一人の“英雄”がいた。
《獅子心将軍》リィン・オズボーン。

鉄血宰相ギリアス・オズボーンの実の息子にして祖国エレボニア帝国に黄金時代を齎した立役者。
駒から脱し、友と肩を並べ、愛を支えに父へと立ち向かう決意を固めた不屈の男。
これはそんな獅子の心を受け継ぎし英雄の綴りし伝説、その軌跡にして行き着く先を描く物語である。

これは前々作鉄血の子リィン・オズボーン
https://syosetu.org/novel/137855/
及び前作灰色の騎士リィン・オズボーン
https://syosetu.org/novel/158688/
の続編にして最終章になります。

リィンが記憶を失わないままオーラフへと預けられてリィン・オズボーンとして育ち、父を尊敬して止まぬバリバリの軍人志望だったら?というIF設定物にして性格改変ものです。
リィンの性格にぶっちゃけ原作の面影はほとんど残っていません。
またそれ以外にもちょくちょく作者による設定改変や独自設定が出る部分があります。
その旨をご了承の上、是非ともお付き合い頂ければと思います。

~目次~

[1]次 最初 最後
獅子戦記第3部-The Erebonian Golden Age-
◇エレボニアの黄金時代
◇獅子の目覚め
◇黄金の羅刹
◇灰色の騎士VS黄金の羅刹
◇光翼獅子機兵団司令官の一週間
◇軍事は政治に従属し、政治は経済に従属する
◇北方戦役
◇ 勝利してなお滅ぼさず。制覇してなお辱めず
◇幕間~蒼の騎士と紫電~
◇将としての責務
◇二体の怪物
◇受け継がれる獅子の魂
◇家族
◇前途多難
◇調停者の血
◇憧憬
◇原石
◇男同士の語らい
◇陰徳陽報
◇憩いの時間

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析