ハーメルン
王書
作者:につけ丸

家出した少年が、血反吐吐いて糞尿垂らして、何度も折れて、涙を拭いて立ち上がり、前を向いて、神様を殺した話。

~目次~

[1]次 最初 最後
第一章 神殺し 英雄ロスタム編
◇故郷にさよならを
◇はじまりの風が吹く
◇あいつとの出会い
◇勝敗の行方
◇チャイハネ
◇俺はまだ諦めたくない!
◇不思議なパゥワァー!
◇定められた者
◇砂礫の波
◇マイグレイン・オーラ
◇因果の糸
◇向かい風の中で
◇彼こそは英雄ロスタム!
神殺し編
◇この馬の値はイラン全国!あなたはこの馬に跨って、世を救うのです!
◇美しい友
◇試練
◇まったくイランは地獄だぜ!
◇限界
◇真夏の夜の夢
◇その時聞こえしものは妙なる楽の音なるよ!

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析