ハーメルン
Word of “X”
作者:◯岳◯

※本作は作者のホームページ『Wireless World Word』とマルチ投稿をさせてもらっています。

かつて、誰かが言った。人の願いは精霊によって現実のものとなり、精霊の命は人の願いによって守られる。 それを脅かすのはただ一つ、人の悪であると。
ならば、精霊に見捨てられたものはどうなるのか。願うことすら許されず、望むことさえ認められないのか。 人の心、善と悪。信じるものは何処にあるのか。
これは誰かと誰かが交差することで生まれる、どこにでもあるストーリー。
――――叶わない、物語である。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇プロローグ
◇1話 : イル・ファンの広場にて
◇2話 : 今に至るまで
◇3話 : いまが変わる刻
◇4話 : 現在喪失
◇5話 : 未来発心
◇6話 : 賢者の槍
◇7話 : 王都脱出
◇間話の1
◇8話 : 針路決定
◇9話 : 生物本能三大欲求、人間本能四大欲求
◇10話 : ハ・ミルへ
◇11話 : 山奥の村の少女
◇12話 : キジル海瀑にて
◇13話 : 共鳴術技
◇14話 : 精霊の里、ニ・アケリア
◇15話 : 巫子様参上
◇16話 :  夢の傷痕
◇16.5話 : 子鬼上戸
◇17話 : 危機との遭遇

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析