ハーメルン
月に寄りそう乙女の作法2~二人の小倉朝日~
作者:ヘソカン

大蔵遊星は、望まれぬ子として生を受けた。
それでも人並みの夢と希望を胸に、敬愛する主人を得て、自らを縛る籠から飛び出し夢の一端に触れる事が出来た。
しかし、自らが引き起こした致命的なミスに寄り、彼は全てを失う事になった。

全てを失い、当てもなく彷徨っていた彼は気がつけば、自らがいた時代から十数年後の敬愛する主人が居なくなった屋敷にいた。
その屋敷に居た女性から知らされる現在。

全てを失った彼は再び立ち上がれるか?
それとも……

~目次~

[1]次 最初 最後
番外編
◇りそなの日記 前編
◇りそなの日記 後編
◇続・りそなの日記
◇対談の始まりin桜屋敷
prologue
◇prologue1
◇prologue2
◇prologue3
◇prologue4
◇prologue5
◇prologue6(終)
一月編
◇一月上旬(遊星side)1
◇一月上旬(遊星side)2
◇一月上旬(遊星side)3
◇一月上旬(才華side)4
◇一月上旬(才華side)5
◇一月上旬(才華side)6
◇一月中旬(遊星side)7
◇一月下旬(遊星side)8
◇一月中旬(才華side)9
◇一月中旬(才華side)10(終)

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析