ハーメルン
気づいたら大自然 小心者の異世界闊歩
作者:yomi読みonly

とあるギルメンが、忌わの際にかつての思い出とともに、叫んだある一言。

それを最後に、全てをあきらめようと意識を投げ出したら…次の瞬間に気がついたのは…

というオバロの世界を元にした、完全捏造作品です。

プロローグとアプローチの関係で、某お骨さまとは微妙にずれた時間軸で、異世界に転生します。

もちろん、宝物殿などのものは所持していないので使えず最後にログアウトした時に所持していた「無限の背負い袋」内のアイテム類しか持っておらず、貨幣も同じ…ギルドにほとんどは置いてあるため、主武装のゴッズアイテムはギルドの霊廟のアヴァターラに残されたまま、なので、アイテムボックス内のもののみ、設定が魔法戦士(魔法剣とかじゃなく魔法と剣のスイッチタイプ)なので、戦い方もそんな感じ、第一線というより2線級とのことなので、戦士職とのレベルバランスを考えて位階は第8位階まで、超位魔法は使えないという設定にしております。


~目次~

[1]次 最初 最後
◇プロローグ
◇ ー序章ー 拝啓、闇の中から
◇第01話 初めての朝
◇第02話 初めての交流
◇第03話 初めてのメッセ友
◇第04話 初めてのおどり喰い
◇幕間 フォーサイトの受難〝おぞましき邂逅、奇跡の生還〟
帝国編
◇第05話 歩み寄る悲劇の前触れ
◇第06話 アルシェの混乱
◇第07話 アルシェの苦悩、そして家出?
◇第08話 初めての救済(前編)
◇第09話 初めての救済(後編)
◇第10話 エルフたちとの身の上話
◇第11話 初めての武技発動
◇第12話 アルシェ、某館に招待される。
◇第13話 初めてのご招待
◇第14話 初めてのアルシェとのお茶会
◇第15話 みんなでこっそりナザリック
◇第16話 アルベドさんの謹慎終了
◇第17話 アルシェ、帝国から脱走する?

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析