ハーメルン
料理人と冒険者の二足鞋で征くワーカーホリックの天然ジゴロがオラリオに居るのは間違っているだろうか 「俺一応、鍛冶師なんだけど・・・・・・」
作者:昼猫

 正義の味方を目指し、夢破れた半端者が異世界で何を成せるのか。
 これは、そんな男の彷徨いの物語である。
~目次~

第一章 どんな天然ジゴロにも下地は必要である
◇第1話 神時代へ
◇第2話 邂逅、紅髪の鍛冶神
◇第3話 麗しき正義の使徒達
◇第4話 戦う鍛冶師
◇第5話 至れなかった者と目指す者達
◇第6話 新たなる恐怖!爆誕、紅蓮の魔神!!
◇第7話 夜に瞬く星
◇第8話 穢れた女
◇第9話 罪過に塗れて
◇第10話 輝きをもう一度
◇第11話 新たなる職場へ
◇第12話 人形姫との出会い
◇第13話 忍び寄る闇
◇第14話 過去に立ち向かうために
◇第15話 始末犬との邂逅
◇第16話 来るべき日に近づいて
◇第17話 仕組まれた因果へ

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析