ハーメルン
解放奴隷は祈らない
作者:家葉 テイク

『離散』のサラディアは無敵だ。
彼女と敵対した組織はたとえ構成員が生き残っても必ず壊滅し、
彼女に向けて放たれた刺客が生きて帰ってきたことは一度もなく、
『属性』を奪われても平然と奪還し、奪った組織も壊滅した。

御伽噺のように常識離れした逸話の数々。
だから、彼女を知る者は、みなある種の畏怖を込めて言う。

『離散』のサラディアは、無敵だ──と。

【挿絵表示】


***

ザァザァと。
風が廃墟を撫でる音が嫌に耳障りだった。
見ればそこには女の死骸が横たわっている。
首から上をぺしゃんこに潰された、無惨な最期。

「クソったれ…………あの女、あっさり死にやがった……!!」

それを見ていた男は、憔悴しきった様子でこう続けた。

「『離散』のサラディアは無敵、じゃなかったのかよ……!!」
~目次~

◇01_無敵の女 IMITATION
◇02_ある側から見た絶望 MIGHTINESS
◇03_無敵の失墜 DEAD-END
◇04_獣身の鎹 CRITICAL
◇05_命乞い NEGOTIATION
◇06_底 PREVIOUS

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析