ハーメルン
皇女戦記
作者:ヤマモトレイ@淑女

幼女戦記の世界は、存在Xの目論見通り、悲劇的結末がちらついている。
如何に強大な帝国とて、このままいけばかのドイツ帝国と同じ末路をたどるであろう。

では、ここで問題。

そんな「史実」を知っている人間がターニャ以外に存在していて。
かつ、帝国の意思決定に関与できる立場にいたならば?

そんな妄想からできた作品です。
週一更新目標・タグは保険を含むため、変更となる可能性あり

※追伸
想定を114514倍上回る感想があったため、感想返答は気まぐれになります(まて
~目次~

[1]次 最初 最後
◇個人年表
序章 ~ダキア戦役終結
◇邂逅の時
◇困ったときの神頼み?そんなものはない!
◇転換点
◇帝国国策決定会合
◇この世で一番強いのは、金と胃袋をつかむ人
◇ダキア戦役
◇ダキア始末記
対協商連合戦
◇閑話 とある侍女のさる一日。
◇北方戦役の終幕(その1)
◇北方戦役の終幕(その2)
フランソワ共和国
◇閑話 次なる戦争へ
◇攻勢準備
◇『 衝撃と恐慌 』
◇不穏な動き
◇ブレスト港襲撃(その1)
◇ ブレスト港襲撃(その2)
◇キィエールの休日(その1)
◇キィエールの休日(その2)
大西洋海戦
◇大西洋海戦

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析