ハーメルン
蛸の見た夢
作者:藤猫

死ぬのだろうなあ、そう彼女は思っていた。多くのことに疲れていたから、その死は別に嫌ではなかった。
ただ、多くの憧れを抱いた存在が、ましな人生を送ることだけを願っていた。


ポルポに生まれ変わったらしい人が、暗殺者チームを優遇していく話。
最初に原作を読んだ時に、彼らの価値を肯定してくれる人がいたらなあと考えて書いてたものです。
女なのは、五部の男女比の傾きで何にも考えずに決めました。

作中に、七人目のスタンド使いのスタンドだけ出てきます。
~目次~

[1]次 最初 最後
◇憧れに目を焼かれる
◇人殺しの価値
◇善良さという壊れ方
◇歪な幸福
◇神様の偽物
◇置いてきぼりの憧憬
◇憐れみへの愛
◇理不尽な未来を想う
◇死にたがりの生きぞこない
◇さよならの準備
◇間違えた救済に喝采を
◇番外編:BadEnd 星の潰えた世界
◇間違えた優しさ
◇ガラスの中の醜さ
◇悪党の理不尽
◇影の秘密
◇影との取引
◇どうしようもなかった誰かへ
◇沈黙に孕んだ秘密
◇唐突な訪問

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析