ハーメルン
もしも、美綴綾子の迷言が、本当に伏線だったなら。
作者:夜中 雨

 

「アンタとは、殺す殺さないの関係までいきそうだ (ガチ)」だったなら。



旧タイトル、『衛宮の師匠』。

~目次~

[1]次 最初 最後
◇《プロローグ》
◇《第一話、聖杯戦争》
◇《第二話、Fate/Stay Night 》
◇《第三話、遠坂 凛》
◇《第四話、聖杯問答》
◇《第五話、間桐兄妹(きょうだい)
◇《第六話、間桐 臓硯》
◇《第七話、間桐 慎二》
◇《第八話、美綴 綾子》
◇《第九話、パンドラ計画》
◇《第十話、最果ての男》
◇《第十一話、士郎 対 士郎》
◇《第十二話、綾子の浄眼》
◇《第十四話、誘拐事件》
◇《第(十三)話、女怪(じょかい)メドゥーサ殺人事件》
◇《第十五話、Destiny(ディスティニー) Movement(ムーブメント)
◇《第十六話、自陣探索》
◇《第十七話、士郎が見つけたもの》
◇《第十八話、“原初の女神の物語”》
◇《第十九話、それぞれの切り札》

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析