ハーメルン
聖杯戦争に薪の王が参戦しました
作者:神秘放射ほしい

雁夜おじさんの所に、なぜか薪の王が召喚されるお話。
持ち前の力(ステータスカンスト)で他サーヴァントを翻弄しまくる!

※作者はあまりFateシリーズに詳しくありません。おかしなところがあればビシッと言ってやって下さい
~目次~

◇プロローグ
◇英霊召喚
◇リンカーという男
◇少女と、イケメンと、魔術師
◇呪縛の終わり
◇近づく戦争
◇ソウルの魔術
◇開戦の匂い
◇絆の深まる音
◇開戦

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析