ハーメルン
紗夜のBはBitchのB!
作者:本醸醤油味の黒豆

氷川紗夜は――ビッチなんだ。
そして俺は――童貞なんだ。

それでも、俺たちは恋をして、傷ついて、そうやって10代を生きていく、人間で、これはそんな人間が織り成す……下ネタが当たり前に存在する日常だ。
~目次~

[1]次 最初 最後
本編
◇Bとの出逢い/童貞を狙う瞳
◇Dを守れ/二人の日常
◇Sの心/彼と彼女のこれから
◇新たなるD/次のステップへ
◇Fの牙城/青いバラの瞳
◇Fの牙城/その瞳に宿る感情は
◇狙われるD/不本意な贅沢
◇Rが来たりて/ある夜の始まり
◇Rが来たりて/理想の違い
◇闇の女王はA/崩壊は突然に
◇Dの罪/伝わらないもの
◇Dの罪/ただまっすぐに
◇Dの受難/チェリーキラーは目の前に
◇Dの受難/二度目のボスダンジョン
◇カンベのR/紐解かれる過去
◇カンベのR/傷だらけの本心
◇二人のR/裸のままで
◇Tは頑張り屋/もうひとつの生徒会
◇Tは頑張り屋/頼れる先輩になろう
◇Bの逆襲/静寂から始まるリベンジ

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析