ハーメルン
だから俺は彼女に恋をした
作者:ユーカリの木

高校三年生になった比企谷八幡は、ゴールデンウィーク直前の予備校終わりに、川崎沙希から相談を受ける。
家族の愛ゆえに潰れそうになった彼女を助けるため、小町の助言を受けて家に泊めることとなる。
五日間の共同生活の中で、八幡は自分の中に芽生える感情に動揺し、悩み、そしてひとつの結論をだす。
これは、比企谷八幡が成長し、本当の恋をする物語。

※2019/07/01 活動報告にて今後の予定を記載
※2019/07/15 完結しました
~目次~

[1]次 最初 最後
一章
◇こう見えて、比企谷八幡は成長している 1
◇こう見えて、比企谷八幡は成長している 2
◇こう見えて、比企谷八幡は成長している 3
◇こう見えて、比企谷八幡は成長している 4
◇こう見えて、比企谷八幡は成長している 5
幕間
◇Interlude
二章
◇瞬く間に、川崎沙希は距離を縮める 1
◇瞬く間に、川崎沙希は距離を縮める 2
◇瞬く間に、川崎沙希は距離を縮める 3
◇瞬く間に、川崎沙希は距離を縮める 4
◇ 瞬く間に、川崎沙希は距離を縮める 5
幕間
◇Interlude
三章
◇さり気なく、戸塚彩加はきっかけを与える 1
◇さり気なく、戸塚彩加はきっかけを与える 2
◇さり気なく、戸塚彩加はきっかけを与える 3
◇さり気なく、戸塚彩加はきっかけを与える 4
◇さり気なく、戸塚彩加はきっかけを与える 5
幕間
◇Interlude
四章
◇どんなときも、最後に頼れるのは家族である 1
◇どんなときも、最後に頼れるのは家族である 2

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析