ハーメルン
古明地さとりは執行官である
作者:鹿尾菜

人間の心理状態や性格的傾向を計測し、数値化できるようになった世界。
あらゆる心理傾向が全て記録、管理される中、個人の魂の判断基準となったこの測定値を人々は「PSYCHO-PASS」の俗称で呼びならわした。
人間の社会は日々変化し、形を変えていく。それは一つの巨大な生き物のように生きているかのようである。

私は誰かって?ただのしがない…覚りですよ。

「古明地さとりは覚り妖怪である」
スピンオフ作品
~目次~

◇File1現実 上
◇File1現実 中
◇現実 下

[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析