ハーメルン
見つけられなかった私の戦車道
作者:ヒルドルブ

 正史において大洗女子学園は全国大会で優勝し、廃校を免れた。西住みほは実家を勘当されることなく、姉や黒森峰の仲間たちとも和解し、自分の戦車道を見つけることができた。まさにハッピーエンドだ。

 しかし、もし決勝戦で負けていたら? 大洗は廃校になっていただろう。西住みほは実家を勘当されていただろう。西住みほは自分の戦車道を見つけることなく戦車道をやめていただろう。

 これはそんなifの世界の物語。

 第63回戦車道全国高校生大会は黒森峰女学園の優勝で幕を閉じた。準優勝の大洗女子学園は今年度限りの廃校が決定した。そして……西住みほは16歳の若さでこの世を去った。
 そんな最悪の結末を迎えてしまった世界の物語。
 西住みほの死は周囲の人間の未来に如何なる影響を及ぼすのか。

 決勝戦で大洗が負ける以外は原作と大まかな流れは一緒ですが、最後大洗が負けた、つまりは正史と違うルートになった原因としてみほの性格を若干変えています。具体的に言うと原作に比べてメンタルが弱いです。

 本編は原作後、西住みほの死後から始まります。その影響でキャラの性格など、原作とはだいぶ異なる部分があるのでご注意ください。

 また作者は戦車や戦術に関してはガルパン見た範囲でしか知らない素人です。なので、戦闘描写はほぼありません。ご容赦ください。

 *pixivとのマルチ投稿です。

~目次~

[1]次 最初 最後
◇プロローグ
◇西住まほの死
◇西住しほの過ち
◇井手上菊代の誓い
◇悪夢
◇角谷杏の罪①
◇角谷杏の罪②
◇秋山理髪店の看板娘
◇赤星小梅の存在意義
◇武部沙織は彼氏ができない
◇ペパロニの懺悔
◇安斎千代美の初恋
◇安斎千代美と西住まほと分かたれた道
◇アンチョビはペパロニを許したい
◇ifルート:安斎千代美はペパロニを許さない
◇Who am I?
◇ミカが奏でる旋律
◇ifルート:名無しの少女は旅に出る
◇ifルート:名無しの少女はミカになる
◇西絹代の求道

[1]次 最初 最後
[2]小説情報
[3]感想を読む・書く
[4]お気に入りに追加
[5]評価を付ける
小説閲覧設定
[6]トップ/[8]マイページ
小説検索/ランキング
利用規約/FAQ/運営情報
取扱説明書/プライバシーポリシー
※下部メニューはPC版へのリンク
携帯アクセス解析